2009年12月27日

ごちげんです

きようはしょうぬん野球ね新低学年ちーむの懇親会がありました
いままで監督のしでうほうすんと会わずがまんしつた部分があったけで、けんかいの監督とは意見があいせう。
携帯打とうみく打てないんですっくるうかないなぁ
posted by かに at 01:08| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野球小僧の父です。

ここ3〜4日、
自分の品格のなさと、
いい人を、傷つけてしまった事で、

落ち込んでいましたので、日本一の富士山の姿に、元気をいただこうblog訪問したところ、

「あら〜らっ」
いっもの、色合いとは、
違うこの文章は?。

(文章にも、なっていなくて、……解読も大変だったけんね。ほんなごつバイ。……)


午前様での、
お帰りでしょうに、


懸命に、更新トライなさったんでしょうね。

解読しながらも!
おかしさで、笑い半分、

律義さに

(それとも、信念?執念?かなー?)
不覚にも、
ジーンときました。

野球blogをされてるみなさんの、日々の努力かんじましたよ。

【おつかれさん!】
ソシテ。

【ありがとうございます】デス。

富士の山、まさに、
不二の山ですね。
Posted by 野球小僧の父 at 2009年12月27日 10:25
おっ 久々の酔いどれブログだね ^^
今年はいつ書くのかな? って期待してとこ (^_^;)
下戸の私には永遠に書けない^^

Posted by ドラ夫 at 2009年12月27日 20:54
野球小僧の父さん、どうもです。

この文章はですね、「酔いどれブログ」ってスタイルで、酔った勢いでバックスペースなどの修正を使わずに勢いだけで書いちゃうものなんです。
キーボードも見ないから文章になっていない、いや、日本語にすらなっていないことが多く・・・。
今回はケータイで打ったんですが、いつにもまして支離滅裂で。

普段は長々と結構気を使って書くのでたまにはこういう気楽なのもいいかなと。

言葉にすればそれほどでもないことでも字にすると驚くほどのインパクトを持ってしまうことがあります。
私自身、このブログを4年以上続けてきて、図らずも人を傷つけてしまったことがあります。自分の意図しない解釈をされて動揺したこともあります。
それだけ文字を書くってのは難しいんです。
私もそうですが、ブログを書く人はどんな人が読むのかを考えながら書いています。多くの不特定多数の方に読まれると言う事を真剣に考えて書いています。(一部にはそうでない人もいるでしょうけど)
どうかそういうことを分かって頂いた上でブログを読んでいただき、コメントをしてもらえると嬉しいです。
書き手からすればコメントは嬉しいものです。コメントで悲しい思いをするのはすごく残念ですから。
どうか分かって頂きたいと思います。
これからもコメント楽しみにしています。


ドラ夫さん、どうもです。

今回は少年野球の飲み会だったから帰りのことを心配せずに飲めましたからすっかりごきげんでした。
帰りに電車やタクシーに乗っていて、その途中で吐き気を催したりしたらいやですからね。
酒を飲むのもトレーニング次第らしいですよ。
ウチの叔父は20年掛けて下戸から酒好きに変わりましたよ。(^_^)v
Posted by かに at 2009年12月28日 10:28
前々のこのblogにも、blogは、いろんな方が見ていらっしゃる主旨の事記されていましたね。

貴重なアドバイス胆にめいじておきます。

ありがとうございます。
Posted by 野球小僧の父 at 2009年12月28日 12:19
野球小僧の父さん、どうもです。

コメントするからと言って、常に100%同意の意見じゃなくても良いと思うんです。
違う考えの人間がいるのは至極当たり前のことで、時には反対意見を書いても良いと思います。もちろん私のブログだって反論を受け入れるつもりです。
コメントと言うのは筆者と読者を繋ぐ唯一のコミュニケーション手段です。
コミュニケーションですから円滑に行きたいですよね。
顔も知らない相手とのコミュニケーションですから、顔を見合わせての議論以上に言葉を選ばないと上手くいかないと思うんですよ。
それさえ分かっていればもっともっとブログを楽しめると思います。楽しみましょうよ。(^_^)v
なんか毎度説教じみた事書いちゃってすいません。(^_^;)
でもこれが人よりちょっと長くブログをやっている私の願いなんです。
Posted by かに at 2009年12月28日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック