2009年12月24日

バレた

やっぱりグランドに行ってると色々気付きますよね。

先日の日曜日、メディスンボールを持ってポール間(ライトレフトポール間)を全力疾走するって言うトレーニングをしている時の事。
まーぼの走り方が明らかにおかしい。
きっとどこかを痛めてるな、すぐにそう思いました。

そしてその日の夜。
その事をまーぼに聞いてみると痛みがあることを素直に認め、テーピングと湿布をしてその日は床に付きました。


週が変わり、学校は冬休みに入ったため授業はなくなりましたが、その代わりに冬期講習が入って来ました。
どの講習を受けるかは任意のため、取っている講習によってどうしてもグランドに入る時間がまちまちになってしまう。

そのため今週の練習は走りメニューが中心のようなんです。

講習を終えたまーぼも当然その練習に参加したんですが、どうやらやっているうちに痛みが強くなったみたいなんです。

具体的にどんなメニューだったかまでは聞いてないんですが、とにかく何度走ってもまーぼが最下位になってしまったようなんです。

遅いなりに全力疾走がトレードマークのまーぼですから、さすがに監督、コーチの目に止まってしまいました。

そして練習強制終了。

キャプテンとしての責任感もあったんでしょうかね。
出来る間は自分から「無理」と言うつもりはなかったんでしょう。

しかし監督命令とあっては仕方ない。
一人帰宅し病院に行ってきました。

医者から伝えられた結果は「腱が伸びた」と言うこと。
当然ながら「安静にしてなさい」と言い渡されたようです。


骨に異常があったりとか、そう言うことではなかったので安心したまーぼ。
すぐさま監督に電話をし、診断結果を伝えて「やれることはやります」って宣言しちゃいました。

参加出来るメニューは限られてるでしょうけど、やっぱりキャプテンはグランドにいないとね。
あと1週間もすれば数日オフになります。
その年末年始のオフを利用してしっかりと治したいですね。
posted by かに at 10:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張り屋のまーぼ君、気持ちは判るけど・・
無理しちゃダメですよねぇ・・
主将としての責任感がそうさせたんでしょう。
でも故障が長引くのも難儀ですから。

幸い症状が軽いようで良かった^^

Posted by ドラ夫 at 2009年12月25日 10:55
ドラ夫さん、どうもです。

今朝も確認しましたが、やはりチームとしては走るメニューだけみたいなんです。講習期間は。
でもさすがにそれには混ざらず、ちゃんと別メニューをこなしてるみたいです。
走れないのはツライけど、今、少しだけ我慢すればその後にしっかりと出来ますしね。
そちらも冬メニューになっていると思いますが、ちゃんと体のケアをしてますか?ゲンジ君も頑張り屋ですから同じようなことにならないよう気をつけてあげて下さい。
Posted by かに at 2009年12月25日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック