2009年12月07日

好評でした\(^O^)/

<本日の日記は多分に自画自賛の内容です。あしからずご了承下さいませ>

この週末、一番気に掛かっていたのは、時間を掛けて作ったシニアの卒団用スライドショーDVDが選手、父兄にどれほど受け入れてもらえるか、ということでした。

土曜日の夕方。
選手、父兄トータル200人強を集めて行われた納会総会。

宴もたけなわになった頃、会場内の明かりを落とし上映を始めました。

私は暗くなった会場の一番後ろで映像を見ているみんなの後ろ姿を見ていました。
見ている顔を落ち着いて見てられなかったんで。


まず1曲目は選手権を賭けた夏の大会中、急遽『みんなで神宮へ行こうぜ』ってて気持ちで作った応援のスライドショー。
その時の話は『こちら』に書いてありますが、曲はJOURNEYの『Separate Ways』をチョイス。WBCの中継でテレビ朝日が使っていた曲のイメージをそのまま頂いちゃったヤツです。(^_^;)

とっかかりとしては曲のテンポも良いし、夏の合宿から秋〜冬、そして夏季大会直前まで、選手達の気合いの入ったカッコイイ写真満載で結構すんなりと映像に入ってもらえたようでした。

1曲目は応援のために作ったDVDだったので、『勝つぞ!』の文字で曲が終わっています。しかし結果は残念ながら4回戦敗退。

2曲目はその敗退した直後、うちひしがれる選手達の写真から始めました。
イントロをその時の映像で繋ぎ、Aメロに入ったところから初戦の戦い。そして2回戦、3回戦と流れ、敗れてしまった4回戦へと続いていきます。
曲はスピッツの『楓』をチョイスしました。
当初は違う曲で作っていて、完成間近のところまで行っていたんですが、「なんか暗すぎるかも」って思い、曲のチョイスをし直すところからやり直した、そんな苦労した1曲でもあります。
4回戦に敗れ、イントロと同じくうちひしがれる選手達で暗転して曲を終えました。


そしてすぐに間を空けず、3曲目。
曲はこの曲しかないって感じで決めたGReeeNの『遙か』

この曲には1曲目で使えなかった笑顔など選手、父兄の活き活きとした表情をたっぷりと詰め込みました。
彼らのこんな表情を撮れるのは自分だけだ!という自負がありますので(自画自賛ですが)自信を持ってたっぷりと入れました。
選手達は次々に上映される自分達のアップ写真にちょっと笑ったりしてましたけどね。

そして最後は総監督の言葉。
事前に選手、父兄へのメッセージをお願いして書いてもらったもの入れました。
これを読んだらきっとグッと来ちゃう父兄が多いだろうな、って思ってました。

その読みは当たって、この辺で涙してしまった人が多かったみたいでした。

曲が終わり、最後方から前方に移動し、スライドを止める作業をする間、会場から割れんばかりの拍手を送ってもらえた時、「あぁ、今年も喜んでもらえたんだな」という安堵感に包まれました。
うん、そうだなぁ、喜びより安堵感の方が大きかったですね。

3年生父兄からの感謝の声だけでなく、1、2年生からもお褒めの言葉。
指導者や役員陣からの労いの言葉。
すごくたくさんの人から声を掛けてもらい、3ヶ月掛けて試行錯誤してきた甲斐がありました。

そして去年の同じく、1、2年生の父兄から「来年もぜひ」って言われちゃいました。
やってあげたいって気持ちはすごくあるけど、いかんせん素人ですから。
引き出しの数も大きさも限られる。
きっと年々ハードルが上がってきつくなっていくんだろうなぁ。
でもこの時の賞賛の言葉や拍手を思い出したらまた作っちゃうんだろうなぁ。
posted by かに at 01:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
好評でなによりでした^^
うちのチームにも、かにさんのような人がいればなぁ・・
息子にもこんなDVDを残したい・・

Posted by ドラ夫 at 2009年12月08日 00:53
ドラ夫さん、どうもです。

シニアとは環境が違うんで、同じようには出来ないんですが、一応来年の夏には息子達のために作るつもりです。

そのための写真撮影はもう遠慮無く色々動かせてもらうつもりですし。(もちろん練習のジャマにならない範囲で)
人がやってくれないなら自分でやっちゃうのが一番ですよ。
とりあえずカメラを買ってみたらどうですか?
今のカメラは賢いから素人がいきなりでもかなりイイモノが撮れますよ。
あとのDVD作成に関しては私がいくらでもアドバイスしますから。ぜひチャレンジしてみて下さい。
Posted by かに at 2009年12月08日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック