2009年11月04日

スッキリ・・・とまではいかないけど

ストレス溜まりまくりの試合から中一日。
昨日もまーぼの練習試合を見に行ってきました。

この日の試合は都立校が相手。
本当は3校三つ巴の予定だったんだけど、1校がインフルエンザ流行のためキャンセル。
ウチはだいぶ前に流行して今は一段落しちゃってるから実感がないんだけど、やっぱりまだまだ大流行中なんだねぇ。

で、ストレス解消になればと思っていったけど、やっぱり「スッキリ」とまでは行きませんでしたね。

バッティングは相変わらず「なんで打つ気持ちを全く見せずにファーストストライクを見逃すの?」と思うことが多々あった。
守備も・・・ミスとまでは行かないけど、あと一歩踏み込んで捕球すればアウトが取れたのにってのがあったりと、記録にならないミスがいくつかあり・・・。

でもそんな中、収穫もありました。
この日に登板したのは3番手投手のJ君
エースは先日の爪割れから回復せず。2番手のYM君は少し前から腰痛再発。
投手として登板回数が重ねているのは彼しかいないという状態でした。
(彼がダメだとまさかのまーぼ登板がまたあっちゃうかもってくらい)

サイドスローで遅〜い球と落ちる球が持ち味なんだけど、まだまだ自分の思ったところにいつでも投げられるというほどではない。
投げてみないと分からないというのが実際のところで、終盤になると握力の衰えからストライクが全く投げられなくなっちゃうってのがいつものパターンでした。

ところがこの日はほとんどがゾーン近辺にコントロール。
しかも右打者の足元に落ちるしんかーが抜群の切れ味。
面白いように三振を奪って行くじゃありませんか。
打たれてもほとんどが内野ゴロ。
まさしく理想的な展開で試合をコントロールしていました。

それだけに点を取ってピッチャーを助けてあげたいところだけどチャンスにことごとく凡退。
相変わらずのタイムリー欠乏症です。
ヒットが出ない訳ではないから、おそらくは精神的な部分が大きいと思う。
優しく大人しい子が多い学年だから、相手に向かっていく気持ちが足りないんでしょう。
でも勝ち負けを争ってるんだからそれじゃあいけない。
何とか自分達の力で活路を見いだしてもらいたい。

試合は結局、さっき書いた記録に残らないミスが原因で失点して敗戦。
僅差の試合だったし、ピッチャーが頑張ってたんだからぜひモノにして欲しかったんだけどね。

ちなみにまーぼは、3打数2安打 1犠打 1失策
1本目のヒットは止めたバットにポコンと当たった打球が1塁後方に落ちるラッキーヒット。
2本目は高めのストレートを捉えてセンターオーバーの2ベースヒット。
バッターとしてはそこそこ頑張ってるように見える。あとはキャプテンとしてみんなをグイグイ引っ張っていってもらいたい。・・けど、そういうタイプでもないんだよなぁ。
posted by かに at 10:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック