2006年02月06日

背番号『22』

昨日、春の大会に向けて背番号が配布された。

まーぼは今回もめでたく背番号をもらう事が出来た。


NEC_0204.jpg


新3年生が1〜18、新2年生からピッチャーで3人。その次の番号がキャッチャーであるまーぼの背番号という訳だ。

今回背番号をもらった新2年は先の4人の他に内野手でS君を含む二人。外野手1人。まーぼのライバルKR君は外野手で背番号をもらっている。

とは言っても、日曜のオープン戦で彼はスタメンレフト。

かたや、まーぼは土曜に行われたオープン戦で6、7回の2イニング、マスクをかぶっただけ。すっかり差をつけられてしまいました。

新3年の正捕手は打っても大活躍の主砲ですから、なかなかその牙城を崩す事は出来ません。

まあ、焦っても仕方ないですから、とにかくキャッチャーとして頭を体を鍛えて行くしかないでしょう。


今週のまーぼ

3試合あったが、出場は1試合のみ その他の2試合はブルペンキャッチャー、控え捕手と大忙しだった。
キャッチャーとしてはちょっとボールをこぼす事が多いように感じられた。

0打数0安打 1四球 2盗塁 
相手投手のモーションが大きかったからだろうが、まーぼに3盗は無茶ですよ、監督。一応セーフにはなりましたが。
posted by かに at 15:15| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
22番 田淵選手を思い出します^^
背番号をもらえない1年生選手もいるんですよね?
だから立派だと思います。次の試合も期待してます!
Posted by ドラ夫 at 2006年02月06日 19:50
捕手で22番。
ドラ夫さんと同じですが、阪神ファンの私としては田淵選手を思い出しました。
結果論かもしれませんが、ポジティブに考え、未来の大砲としても期待されているって考えましょうよ!
まーぼ君の先発マスクでの活躍を待ってます!
Posted by さとる at 2006年02月06日 21:59
おお!
おめでと、おめでと!!

キャッチャーとしてはあの競争率の中、2番手まで上がってきてるんでしょ!?
ここまで這い上がってきただけでも上等上等!

正捕手のK君も1年生の今頃はそんなに打てなかった気がするけど・・・(たぶん)
もともとセンスはあったけど、その後の彼の努力で今の地位を築き上げたんじゃないかと思うよー!

まーぼも友達と差をつけるにはココからだね。
がんばれーーー!!
Posted by Ayigus at 2006年02月06日 22:43
私も田淵選手を連想しました。
経験がものを言うポジションですから先輩を追い抜くのは大変です。
それでも1年生で背番号もらっているのは立派。
幸運を祈ります。
Posted by Skyboys広報 at 2006年02月07日 01:23
ドラ夫さん、どうもです。

現在は新2年生が25人(休部二人)で、背番号をもらえたのが7人ですから、18人がもらえなかったことになります。

そう考えればそのメンバーに入れただけでも良しとしなきゃいけないですね。見てると「総監督の期待に答えてないんじゃないか」なんてついつい不満が出てしまうんですよね。現金なもんですよね。
Posted by かに at 2006年02月07日 04:28
さとるさん、どうもです。

あれほどのスラッガーをイメージされてしまうと・・・(汗)なにせまだ体を生かしたバッティングがさっぱり出来ないですから。

ポジティブシンキング、なんとかやってみます。少年野球時代は息子のバッティングで一喜一憂する事はなかったんで(はなから諦めてた)免疫がないんですよ。がんばります。
Posted by かに at 2006年02月07日 04:35
Skyboys広報さん、どうもです。

やはり捕手で22っていうと田淵のイメージが強いんですね。

私は捕手なんてことをまったく無視して、佐々木主浩と一緒だ、と単純に喜んでました。どちらかといえば皆さんのイメージの方が正解っぽい感じがします。(笑)

出来れば田淵選手のように、でかいホームランが打てる選手になって欲しいもんです。
Posted by かに at 2006年02月07日 04:40
Ayigusさん、どうもです。

ありがとうございます。一時は総監に期待されて合流していた選手2名が結局は背番号もらえなかったりしてるんで、もらえただけでも期待されてるって思っていいんですよね。

とにかくバッティングっていう大ウィークポイントがあるだけに心配で心配で。
背番号をもらえただけで満足してたらあっというまに手放す事になっちゃいますからね。

まあ、自分でもウィークポイントのことは十分に自覚してるから努力してくれるでしょう。
Posted by かに at 2006年02月07日 04:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック