2009年09月19日

(T_T) 追記アリ

残念ながら負けてしまいました。



あれこれ書いてもね、言い訳にしかならないし、それであきらめが付く訳じゃないからね。
でもまぁ、書かないのもなんですから、ちょっと書きますよ。

まぁ、言ってみれば精神面の甘さです。

無欲で勝った初戦。
非常事態で直前の練習だってままならなかったけど投打に相手を圧倒した。
そして次の相手はあまり名前を聞いたことが無い学校。

当日になり、目の前で一番可能性が高いと思っていたブロックの大本命が負ける。
「もしかして俺たち本大会に行けるんじゃない?」
そんな慢心があったんでしょう。

初回、前回と同じ形で1死2、3塁の場面を作ったが、4番、5番が凡退でチャンスを潰してしまった。
そしてその裏。2死ランナー無しからホームラン、エラー、ポテンヒットなどで3失点。

これで完全に流れが相手に行っちゃいました。

相手も結構ミスしてくれて、塁上を賑わしたけどあと一本が出ず14残塁。

これではね。
要所を締めるピッチングをした相手投手を褒めるしかない。


ホントは今日勝って、次の試合は22日、そしてその翌日はシニアの試合。
そんな予定を立てていたシルバーウィークでしたがもろくも崩れ去りました。

今、まーぼはスコアブックとにらめっこして、自分のリードの反省点や課題点の洗い出しをしています。

負けたもんは仕方ない。
どんなに言葉を並べても結果はひっくり返らない。
次に向かって進むしかない。

公式戦は春まで無くなっちゃいましたが、これからの練習試合期間、そして冬のトレーニングを積み重ねて、ワンランクアップしてもらいたい。
たった2試合でしたが、可能性は少しだけ見えて来ましたから。
posted by かに at 14:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回はよく頑張った という試合でしょうが、
今回は多少の油断があったのでしょうか・・
本命校が負けていただけに、余計にショックですね。
やはり【気持ち】の持ち方は大事ですね。

Posted by ドラ夫 at 2009年09月22日 15:27
ドラ夫さん、どうもです。

数日後、シニアの試合も負けたんですが、そちらもやはり気持ちが問題という内容でした。
飛び抜けた力がある訳ではありませんから、気持ちが勝敗に大きく影響を及ぼすのは当然のことでしょうね。
あとはこの経験を春以降にどう生かすか、でしょうね。
Posted by かに at 2009年09月25日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック