2006年02月03日

アメリカ人ってスゴいなぁ

“裁判天国”アメリカでまた奇妙な裁判が始まった。
ルイジアナ州の男性が「大音量の音楽をイヤホンで聞き続けると難聴になるおそれがある。メーカーはそれを十分に警告していない」と、iPodを販売するアップル社を訴えたのだ。

アメリカでは昔、「コーヒーが熱くて火傷してしまう」とハンバーガーチェーンが訴えられ、メーカーが敗訴するなんてことがあるだけに、今回の裁判もアップル社が負けてしまう可能性は十分に考えられる。


日本人なら当たり前に思いつく

「だったらボリュームを絞ればいいじゃん」

といった発想は出てこないみたい。

メインPCがパワーブックで、家に5台のアップル社パソコンを所有する私としてはこんなくだらない裁判を起こして欲しくなかった。

アップル社は何度も潰れそうな危機を乗り越えてきた。iBookとiPodの人気でようやく存続の心配をしなくて良くなったんだから。

ただボリュームを絞ればいいという簡単な方法を取らずに、裁判を起こしちゃうんだったら、こんな事だって裁判で争うことが出来ちゃうかもしれない。

たとえば。

奥歯の詰め物が取れちゃったらガムメーカーを訴えて

鼻血が出ちゃうとチョコメーカーを訴えて

小骨がささったと漁師を訴えて

二日酔いで歯ブラシしたらオエッとなったと歯ブラシメーカーを訴えて

そりゃあもうやりたい放題。やったもん勝ちって感じですわ。

裁判制度が違うし、無駄に訴えられないように、何もそこまでってくらい、注意書きをしてるから大丈夫だろうけど。

クレーマーがのさばる世の中にはなって欲しくないですね。
posted by かに at 21:36| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
間抜けな訴訟は、訴えを起こす本人の問題じゃなくて、煽る弁護士に問題がありますね。
訴訟天国?のアメリカですが、やはりあちらの人も自嘲しているようで、訴訟対策と思われる「変なマニュアルコンテスト」のようなものがあって、今年の大賞は、確か、現場工事で使うハンドヒーターガン(床とかのコンクリを乾かす道具、ドライヤーに似ています。)のマニュアルに「けっして、ヘヤードライヤーとして使わないで下さい。」だったと思います。
 後、ヘンケルの「落ちたナイフを空中でキャッチするとケガするおそれがあります。」とか・・・マニュアル書くのに、想像が豊かじゃないとできません。
まあ、ネコを電子レンジで乾かそうとした、お馬鹿なおばちゃんがいる国ですから。
Posted by フルコーチ at 2006年02月06日 10:33
フルコーチさん、どうもです。

面白すぎますね!!
確かに想像力豊かじゃないと思いつかないですよ。

落ちたナイフを・・って。ネコを電子レンジで・・って。(大笑)
言っちゃ悪いけど、完全に頭のおかしい人じゃないとやらないっすよね。

そういう人がどんな発想をするかを予想しなきゃいけないんだから、大変な国ですよ。
Posted by かに at 2006年02月06日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック