2009年06月16日

想像してごらん

想像してごらん


甲子園のマウンドに立つ自分を


想像してごらん


東京ドームでホームランを打つ自分を


想像してごらん


ウイニングボールを手にマウンドに駆け寄る自分の姿を
(byピース)



先日の土曜日。
少年野球の練習試合の後、選手達を集めてこんな話をしました。


「今はまだ、野球を始めてからの長さによって、ボールを使う上手い、下手、野球を知っている、知っていないとか、色々差があると思う。


でもこれから中学、高校と長く野球をやっていけば、そんな差はどんどん無くなってくる。


その時、自分がどんな選手になってるのか、出来るだけ具体的に想像してごらん?


ピッチャーで活躍してても良い、ホームランをバンバン打ってても良い、盗塁を格好良く決めてても良い。

どんなことでも良いから、想像してごらん。
どうせ想像なんだから出来る限り具体的にしてみよう。細かければ細かいほどなんかウキウキしてくるよね。

で、どうせそこまで想像したんだから、その想像に近づくためにどうするかも、その後に一緒に考えてみようよ。

考えて分からなければ監督、コーチに聞けばいい。
きっと君達と一緒に考えてくれるよ。コーチ達はそのためにいるんだから。



なんかみんなニヤニヤしてました。
みんながどんな想像をしたのか、その時は聞きませんでした。

今度練習に行った時に聞いてみようかなって思ってます。
posted by かに at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック