2009年05月12日

一年生も活躍

なんやかやと新入部員合流が遅れた我がチームでしたが、ここに来てようやく安定して1年生達も徐々に高校野球生活に慣れ始めたようです。

希望としてはどーんと入部して部員数倍増を目論んでいたんですが、一番大事な秋の時期にバタバタしていただけにそう上手くはいきませんでした。
最終的には二桁にちょっと届かない人数となりました。
中には数人硬式経験者もいますし、今までに増して練習に活気が出て来ています。

3学年合わせてもまだまだ小所帯の我がチーム。
先日の遠征にも1年生を加えた部員全員で行きました。

その遠征では2年生試合で1年生がどんどん起用されたようです。
あいにくとその試合は見ていないんですが、これからそうした場面にどんどん遭遇することでしょう。

遠征最終日、第一試合の終盤。
3対2と追い上げられている場面で、1年生のH君が代打に送られました。
このH君。慎重はまーぼと変わらないんですが、体重がなんと公称90kg!?
中学時代は強豪シニアにいたそうなんです。
ウチのシニアより更に大所帯のチームだから、残念ながらレギュラーではなかったみたいですが、見た目通り、バッティングが大好きでその打力でメンバー入りしていたようです。

残念なことに中学卒業前に足首を痛めたらしく、フルで練習に参加出来ないんですが、期待の選手だけに早く打席が見たかったんですよね。

さて試合でのH君。
やっぱり体が大きいだけに雰囲気がありますね。
相手バッテリーもかなり警戒してる。
そんな中、低めのボールを思いっ切り引っ張って三塁の横を破るヒット。
打球の早さはさすがのパワーでした。
足を痛めてますからすぐに代走でしたけどね。
この調子でいけば夏にも代打って場面がありそうな感じを受けました。

もちろん彼だけでなく、他の一年生達も頑張ってる。
先日のまーぼが1番打者で入った試合ではセンターに1年生が入った。
しかもその彼はチームで一番体が小さい。160センチにも満たないんじゃないかな。先輩達からもマスコット的に可愛がられてる。
それでもヒット2本、うち1本はタイムリーという大活躍。

1年生が活躍すると応援の父兄が盛り上がるんですよねぇ。
息子のヒットが出たことと合わせてすごく楽しい試合でしたね。

こうして下が活躍すると2年生も「負けるもんか」と頑張ってチームが活性化するからいいですよね。

今日からまーぼの学校は試験前の期間となりチーム練習は無し。
自主練習期間となります。
疲れている選手、痛めている選手もいますから、この期間で勉強しつつ体を休めて夏へのラストスパートに向かって欲しいと思います。
posted by かに at 11:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック