2009年04月21日

課題克服に向けて

少年野球と息子の野球部。
どちらを見に行くか、悩みに悩んだ週末でしたが、結局息子の野球をやる姿を見たいという気持ちを抑えられず、高校の練習試合の方に行っちゃいました。

この日の相手は都内の私立校。
初めて聞く学校名だったんですが、部員数もそこそこいるし、結構声も出ていて元気なチームでした。
春季大会ではウチと同じくブロック大会からの勝ち上がりで本大会に出ている。
選手はみんなガタイがデカイし。平均身長だったら間違いなく完敗って感じでしたね。

東京ってこれくらいのランクの学校がとにかくいっぱいあるんですよねぇ。
そうした中で勝ち上がっていくのって本当に大変だなぁって改めて痛感しちゃいました。

それはともかく。。
1試合目は春季大会と同じ布陣でスタート。まーぼは8番レフトでの出場です。

試合は両投手が締まった投球をして3回まではお互いチャンスを作るも得点は出来ずと言う展開でした。

ところが4回。
ウチのエースが突然乱れた。
微妙なコースをボールにされて先頭打者を出してしまうと、送りバントを挟んで連続四球。一死満塁と言うピンチを迎えてしまった。

と、ここでいきなりベンチが動いた。
ライトに入っている2年生左腕のYM君にスイッチ。エースはそのままライトへ。
実はこの交代、試合後に監督に聞いたところ予定通りの交代だったそうだ。
「四球でランナーが溜まったら行くぞ」
と、言われていたそうなんですね。
YM君は低めのコントロールが身上。しかしこの日はそのコントロールが上手くいかない。
結局押し出しのフォアボール。さらに次の打者には置きに行ったボールをセンター前にはじき返され3失点。
次の回からまた投手は元に戻して、結局9回までの5イニングは無失点。
それだけにあの回の突然の乱れがもったいなかった。

試合は打線が奮起して同点に追い付き引き分けに終わったけど、夏までにこの課題はぜひとも克服したいところ。
春季大会でも失点はほとんどミスや四球絡み。それを抑えることが出来ればグッと勝利が近くなる。

2試合目には怪我や病気でずっと休んでいた2年生のY君が登板。
持ち前の力強いストレートが徐々に戻ってきて2回を0封。
さらに最終回には野手ながら一番肩が強い3年生がテスト登板。
変化球に課題はあるけど、ストレートが早くてコントロールが良い。
短いイニングなら十分通用するんじゃないかって感じを受けましたね。

課題克服に向けてテストを始めた野球部。
ここに1年生が加わればさらに面白くなるんじゃないかな。
まだ1年生の力量は分からないけど、徐々に使われてくるでしょう。
2年生も追い越されないように頑張らないとね。
posted by かに at 13:01| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 そうそう…四球は極力少なくなるようにしてください…。
味方(応援している方)の投手がストライク入らないって、
これ以上スコアラーの心臓と血圧に負担をかける事はありませんから。

 そして、夏は!ぜひ無四球試合を見せてほしいです!(^^)v
Posted by でぃあ at 2009年04月22日 10:25
でぃあさん、どうもです。

恐縮です(^_^;)
ブロック大会ではあそこまででなかったんですけどね。
次に見てもらう時にはでぃあさんの健康を損なわない試合になるように選手にはっぱを掛けていきたいです。
Posted by かに at 2009年04月23日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック