2009年01月27日

8/11

別に8月11日のことではありません。
土曜日に行った少年野球の選手数。低学年チーム全体で11人のところ、出席したのは8人、ってことです。

どのチームでもそうでしょうが、この時期は本当に人数が揃いませんね。
来ていた8人にしても、中には「火、水、木」と学校を休みながら、週末のために頑張って金曜日には学校に行き、親からギリギリで許可をもらって来ているという選手もいました。
私はこういう選手は大好きですが、「小さい体で無理をしないでくれ」とも言いたいです。

あ、そういえばご報告してませんでしたが、今年も私は低学年担当です。
以前、高低両方のコーチから「次は(も)うち」と嬉しい言葉をいただきました。
それぞれにそれぞれの面白さがある。私自身はどちらも選べない。
どちらになるにせよ、「遠征に帯同出来ないし、出られるとしたら土曜日」
と、言うスタンス。あくまでお父さん指導者のサポート的な立場です。
と言うことで、「土曜日の指導者数が手薄な方」と考えたところ、低学年でした。

そんな訳で今年も低学年コーチとして頑張ることになりました。
そして先日の土曜日。私にとっては今年最初の少年野球でした。
体を温めるためのサッカーで走り回り、チームが負けたバツであるグランド1周も行い、キャプテンとキャッチボールをし、バッティングの時には守備をして・・・そして現在筋肉痛です。

いきなりでエンジンを全開にしすぎました。
それにしても自分の体力の衰えを痛感してます。
これじゃあ高学年はどちらにせよ無理だったかもなぁ。(^_^;)
posted by かに at 01:39| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
低学年コーチ就任おめでとうございます。
子ども達のキラキラした目を、これからも見れるんですね。^^
私も以前、息子の学年ではない低学年を担当していた時があって、楽しい思い出がいっぱいです。

実際、高学年を担当した方が あまり動かなくてもいいかも。
低学年と一緒に張り切って、毎週筋肉痛になってください。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年01月27日 01:56
私は三男の卒団と一緒に少年野球は終わります。
ノックカーだけでも関わりたいのですけどねー^^
かにさんは生涯コーチで頑張ってくださいね!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年01月27日 16:43
スマイルヒットさん、どうもです。

子供達の顔を見ていたら「来週も来よう」って思っちゃうんですよね。
毎週動いていたらそのうち筋肉痛にならなくなるかも。
いや、そうなる頃には新4年生が高学年に上がる時期になっちゃうかも(^_^;)


肉団子3兄弟さん、どうもです。

私にとって少年野球は欠かせない趣味であり、楽しみです。
あと1年半で息子が高校野球を引退になっちゃいます。
そうなったあと、何も無くなっちゃうのは絶対にイヤ。
だからこそ、今は忙しいけどこうやってポジションを確保しているんです。
少年野球に関わるようになって8年目。もう少年野球のない週末なんて考えられないですからね。
Posted by かに at 2009年01月27日 18:08
3足のワラジも大変ですが、頑張ってもらいたいです^^
私も中学の野球に顔を出したい気持ちもあるんですが、
色々あって・・ (-_-;)


Posted by ドラ夫 at 2009年01月27日 23:34
ドラ夫さん、どうもです。

確かにすべてのチームが私のような存在を受け入れてくれるとは限りませんからね。
実際知り合いのチームでは新監督がやりにくいからと、古くからいるコーチを全員追い出しちゃったということもあったそうですから。
知識や経験の継続って言うのも少年野球において重要なことだと思うんですが・・・残念ですよね、そういう話を聞くと。
Posted by かに at 2009年01月28日 17:22
あ、そうそう、私も先日シニアの非常勤(?)コーチとなりましたよ(笑)。
息子が在籍時に使ってたチームのスタジャンなどを再利用してます。。。エコだなあ。。。
Posted by touch at 2009年01月28日 18:11
touchさん、どうもです。

コーチ就任おめでとうございます。
これで、中学硬式クラブのコーチ、高校球児の父、そして大学球児の父と、私と同じく3足のわらじですね。(^_^)/
私も息子のお下がりをいっぱい再利用してます。グラコン、Vジャン、トレシュー・・・自分用に買った物と言えば、息子が少年野球当時に買ったエナメルバックくらいかなぁ。(>_<)
Posted by かに at 2009年01月30日 02:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック