2009年01月24日

初めての感情

春の選抜高校野球に出場する高校が決定しましたね。

今年は早慶そろい踏みとあってメディアはヒートアップするでしょうね。

その他には神宮大会準優勝の天理も出場を決めた。
この学校にはまーぼの友達がいる。
彼自身がベンチ入りなるかは分からないが、頑張って欲しいところ。

と、ここまで書いてきても、私自身の心にはワクワク感はない。

どちらかと言うと・・・・うん、たぶん嫉妬心。

いや、息子の学校が惜しいところまで行ったのに、ということでは全然無いんですよ。
まったく候補にすらなってない。

でもね、何かむかつくんですよね。
候補の学校、名前を見ていると、「あぁ、ここにはあいつがいる」「ここには◎◎シニアだったあいつがいた」なんて感情が沸いてくる。

始まってしまえばきっと見るし、楽しいんだろうけどさ。
何だろうね、この感覚。

きっと私が本当に高校球児の父になった・・・って事でなんでしょうかね。
posted by かに at 08:07| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回、当県からの選出は無し。。。
故郷の県も無し。。。
辛うじて 生まれ故郷は1校。

そんな訳で、今年はあまり熱くならずに観戦できそうです (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 10:54
ドラ夫さん、どうもです。

ちなみに当県からも出場無しです。
関東の高校はほどんど興味なし。
もちろん知り合いが所属している慶應や天理は応援します。
でも知り合いがベンチ入りするか、未知数ですからねぇ。
しいて上げるなら箕島ですかね。久しぶりに聞きました。懐かしい名前ですよね。
Posted by かに at 2009年01月24日 23:50
>どちらかと言うと・・・・うん、たぶん嫉妬心。

わかります。私も長男の時代にそんな感情もありましたから。
「なんで、○○クンのレベルで甲子園に?。。。。そんなに凄い奴ではなかったのに」
なんてね(笑)。

甲子園出場ってやはり実力だけでなく「運」も左右しますよ。
うちの長男なんて、完全に運だけでしたから。

そんなこともあり、今回の次男の代は平常心で甲子園を見れます(苦笑)。
今回も何名かシニア時代、学童時代に対戦したことのある子達が出場しますので、いちファンとして楽しみにしてます。





Posted by touch at 2009年01月28日 18:06
touchさん、どうもです。

そうなんですよ!!
うちもシニア時代はほとんど実績があったわけではありませんが、うちと対戦した選手がすでに昨年夏の甲子園に出場してるんですよね。同じ1年生で。
そう思うと、何だか・・・もやもやした気持ちが発生しちゃうんですよ。
確かに甲子園には実力だけじゃいけないですよね。実力だけなら毎年常連校が出ておかしくないけど、実際はそうじゃない。
でも長男君の甲子園の時は素晴らしいピッチャーがいて、それを支える打線がありましたからね。間違いなく実力がありましたよ。

Posted by かに at 2009年01月30日 02:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック