2009年01月22日

プチ図書館

まーぼの野球部の監督。ものすごい読書家だそうです。
野球に関するものから、直接は繋がらないけど役立ちそうなものまで、まーぼですら舌を巻くほどの情報収集量だそうです。

そんな監督ですから、職員室の机の周りも本でいっぱい。
さすがに周囲の先生から「本が多すぎ」と苦情が来始めたらしい。

しかもその多い本。
教科担当である英語については約3割。
あとは野球についての本ばかりなんだそうな。
そりゃあ、苦情も来るってもんですよね。

そこで監督は考えた。
これを他の場所に移すとしたらどこがいいか。

で、結局部室に持って行ったらどうだろう。と気付いたそうです。
そしてまーぼが職員室に呼ばれました。


「ほら、こんなところにもこんなにあるんだよ。アホだろ?俺って」


そう笑いながら、深い引き出しを開けると、そこには「Baseball Clinic」や「Hit & Run」の束。
きっとまーぼは、目を輝かせホクホクとした顔でそれを部室に運んだことでしょう。
監督の机から部室に移動したそれらの本は、部員なら持ち出し自由。
さっそく1冊持ち帰って一生懸命読みまくっていました。

ちなみに今回移動になった本以外にも、過去数年の甲子園の全試合をDVDやらビデオに保存して持っているらしい。先日は自主練の時に、それを利用してスコアを付けたり打者心理、強豪校の投手攻略、打者攻略を勉強したそうです。
その日見たのは2005年の選手権「駒大苫小牧対大阪桐蔭」の試合だったそうです。
辻内、平田と二人の超高校級の選手を要した大阪桐蔭を駒沢苫小牧はいかに攻略したのか。
それを勉強したそうです。
こういう事も素材があればこそ出来る勉強。

素晴らしい素材をふんだんに持っている人が監督で、息子は幸せだと思います。
posted by かに at 15:37| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかちょっと学校の先生が羨ましくなりました。
でも大変なんだろうけど・・・
因みにその試合生で見ました!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年01月22日 17:34
いいなぁ^^ これならこちらが買わなくても、
借りて読む事が出来ますね (^_^;)
私も最近は高校野球関連の書籍をよく読むようにしてます。
例の「公立魂」 も今は息子が読んでます^^


Posted by ドラ夫 at 2009年01月22日 19:21
肉団子3兄弟さん、どうもです。

あの試合を生で!!羨ましいですね。
甲子園は好きだけど、行って試合を見るとなると金も時間もかなり掛かっちゃうんですよねえ。
シニアのおかげで春は何度か見に行っていますが、夏は未体験。
息子が高校生の内に1度は行ってみたいなぁ。


ドラ夫さん、どうもです。

移動してきたのは古い物も含めてみたいですから、最新号が含まれているかは分かりません。それなら確かにうちで買う必要もなくなって嬉しいんですけど。
高校野球関連は多く出版されてるから、読んでも読んでも無くなんないんじゃないですか?
Posted by かに at 2009年01月23日 11:19
オタクな先生でいいですね^^。
指導者は研究熱心でないといけません。
先生は独身ですか?
だとすれば婚期が・・・。
余計なお世話でした。
Posted by 横浜への道 at 2009年01月23日 15:01
横浜への道さん、どうもです。

確か独身だったように思います。
このままではきっと婚期は・・・。
野球の監督って大変だと思います。
熱心にやればやるほど家庭をおろそかにせざるを得ない。
離婚してしまった野球部の監督って結構いるらしいですね。
そりゃあ毎日土日祝日もなくずっと野球漬けですからね。
よほど出来た奥さんじゃないと続かないですよね。
Posted by かに at 2009年01月24日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック