2009年01月08日

両面

新年になり再開した野球部の練習。
晴天が続き、存分にグランド練習が出来ているようです。

先月は空いた時間は『どんどん捨てちゃおう』計画に使っていてほとんど見に行っていなかったんで、久しぶりに河川敷での練習を見に行ってきました。

すると、先日のエントリーで書いた『ロングティー』の練習を行っていました。
先日も書きましたが、この練習の最優先の目的は『外野の捕球と返球』
もちろんそのために外野に打球を運ぶ『打力』は最低限必要ですが。

ロングティーは2カ所。外野手はライトと左中間の辺りに分かれて守備に付いていました。
左中間の外野手はサードへ、ライトの外野手は1塁の中継を経てバックホーム。
当然のことではありますが、打球の質、方向に応じて外野手、内野手が連携して動かないといけない。
私の目から見て動きの質の部分で不満なところが目に付きました。
私が気付くくらいですから、監督が気付かないはずもない。
その辺の部分はおいおい修正されていくのだろう、そう願いますね。

さて、最優先の目的が『外野の捕球と返球』と言っても、それが済むまでの間、打者がじっと待っていたのでは時間の無駄です。
そこで打者の背面にもう一つティーを打つ場所を用意し、そちらでは早撃ちのティーをやっていました。
ロングティーを打った打者は、くるっと振り返り、早撃ちのティーを3本。
また振り返ってロングティー。

私はこういう効率の良い練習を見るのって好きなんですよね。
この日は風が強く、小一時間もしたら体が震えだして来ちゃったんでそれで退散しちゃいましたが、今度はもっと防寒をしっかりして見に行こうかな。
posted by かに at 02:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック