2008年10月31日

長野は可哀相なのか?

昨日のドラフト会議。
千葉ロッテの2位指名を受けたホンダの長野久義選手。

「巨人以外なら拒否」と公言していたそうですが、結局強攻指名が大好きな千葉ロッテが指名しました。
呆然とした顔で会見する姿を見て、可哀相という感想を持った人もいたでしょう。

しかし私はあまり同情的な気持ちはありません。

ドラフト会議直後、バレンタイン監督が合宿所を訪れて指名の挨拶を行ったんだけど、当人は面会を拒否。

思えば彼は2年前にも同じ事をしましたね。

日本大学4年生の時にもドラフトに掛かった長野選手。
日本ハムの4位指名だったんですが、彼はこれを拒否。
しかも「日本ハムは一番嫌いな球団」などと失礼千万なことを言っていたそうな。(のちに謝罪したそうですが)


ドラフトに掛かるような選手はみんな子供の頃から野球をやっていたでしょうから、それぞれ好きなチームがあると思います。
それを公言する事も構わないでしょう。

しかしそれとドラフトを混同してはいけない。
バレンタイン監督がこう言っていたそうです。

「ドラフトは球団が選手を選ぶもの。選手が球団を選ぶものではない」

まさしくこの通りだと思います。
巨人は大田と長野を天秤に掛けて、大田を選んだ。
それが全てだと思います。
巨人よりもロッテの方が強く「長野が欲しい」と考えたんだと思います。

「あの球団に行きたい」「あの球団以外行きたくない」
それを公言し、その通りになっていたらドラフトの意味は無いじゃないですか。(ナベ◎ネはそれを願ってるんでしょうけど)
希望通りの球団に入れるなら、全野球少年の半数近くは巨人と阪神に入団しちゃうでしょう。実際人気の割合で考えたらそんなもんでしょう。
しかし現実はそう出来る訳はない。


ドラフトというのも『縁』だと思うんです。
『縁』あって「指名することになった」、「指名される事になった」関係。

とりあえず話し合いをしましょう、と、差し出した手を叩くようなマネは、絶対に許されるべきじゃない。

まぁ、それはそれとして、私は将来、

「巨人以外ならどの球団でも行く。巨人に指名されたらプロには行きません」

こんなことを言ってくれる選手の出現を待ってます。
posted by かに at 14:45| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長野選手は“こっけい”に見えます。
本人は、巨人への熱い思いと、こだわりを持っているのでしょうが、肝心の巨人がまったく相手にしていないのでは?ということが見えてしまうだけに、みじめ感すら漂ってくるのです。
そういった意味では、可哀相なのかもしれませんが…
Posted by 館長・P助の父 at 2008年11月01日 00:06
よく言われることで選手は日本プロ野球への入社でチームは配属先だと。

拒否するのは自由だけど外からみればわがままなだけですね。
Posted by 賛成 at 2008年11月02日 11:47
館長さん、どうもです。

ロッテが行かなければ2位で指名したのか?あるいは3位くらいで取るつもりだったのか?
その辺のところは分かりませんが、ドラフトってのは駆け引きですからね。「最悪撮れなくてもしょうがない」という意識が巨人にあったのは想像に難くないですよね。


賛成さん、始めまして。コメントありがとうございます。

その狭き門をくぐって就職出来る人は世の中に限られた人数しかいない訳ですから、もっとそれを喜ばないと行けないですよね。
良い選手になれば好きな球団に行けて当然という考え方は間違ってますよね。
Posted by かに at 2008年11月04日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック