2008年10月30日

10年

昨日のエントリーを書いている時、ふっとあることに気付きました。

まーぼが野球を始めたのが小学1年生入学直後。
3年生くらいまでは指導者に任せっきりでほとんど見学にも行ってませんでした。

気の弱い子ですから、よく指導者に怒られて泣いて帰ってきたり、練習をさぼって小一時間で帰ってきたりしたこともありました。
よくその頃辞めちゃわなかったなぁ、と、今では思う事もあります。

その後私も指導者となり、まーぼは6年生の引退まで少年野球を全う。

続いて中学野球3年間。これはあえて書くまでもないですね。

そして現在高校1年生。

6年+3年+1年で10年。

まーぼは野球を始めて今年で10年目なんですね。
一つの事を10年もやり通せば立派な事です。

親としての願いは1日でも1年でも長く野球をやり続けてくれる事。
野球というのはそれだけの価値がありますからね。
posted by かに at 13:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック