2008年10月14日

大阪へ1歩前進

この3連休の目玉はなんと言っても選抜大会出場を賭けたシニアの関東大会。
うちは抽選シードのため、日曜日に試合は無く月曜日の2回戦からの登場となった。
1回戦を勝ち上がってきたのは予想通り神奈川の強豪『中◎牧シニア』
数年前までは練習試合さえ受けてもらえないほどの歴史のあるチーム。
ようやく対等に戦える立場になれた。今の選手達には関係ない事だけど胸を張って勝負を挑んでもらいたい。
微力ではあるけどそのお手伝いと思い、土曜日はグランド整備から月曜の本チャンまで3連投。
まーぼの高校の練習試合があったんだけど、今回ばかりはシニアの方を優先しました。

そして迎えた試合当日。
この日の先発はエースではなく1年生投手のF君。
このチームになってからエース以外が先発したのは初めての事。
普段は飄々とした顔をしている子だけど、やっぱり緊張は隠せない。
球にいつものキレがなくいきなり1点を奪われてしまった。

先日の決勝戦では打線が奮わず1点を取るのが精一杯だった。
ところがこの日は違った。
1回裏にすぐ逆転。3回に4点追加、5回に2点追加と小刻みに点を奪っていった。
結局あわやコールド勝ちとなるほどの圧勝。

やってくれるとは思っていたが、まさかこれほどの展開になるとは予想してませんでした。
先日の決勝戦と大きな違い。それはチームバッティングの徹底。
選手一人一人の能力はここ数年でもピカイチなんだけど、どうも自分勝手なバッティングをしてしまいがちだった。
バッティングに自信があるからどうしても外野の頭を越えるような打球が打ちたい。
どんな投手が来てもバットを思いっ切り長く持って振り回してしまっていた。
しかしそれでは良い投手を打ち崩す事なんて出来ない。

それを厳しく指導され、ようやく本来の力を出せるようになりもたらされた勝利。
この1勝はすごく大きいものになると思う。

これで関東大会ベスト16。選抜出場に大きく前進しました。
もうひとつ勝てばかなり濃厚になるでしょう。

おまけにこの大会には春・秋連覇も掛かってる。
頼もしい後輩の活躍。来週も見に行かないとね。
posted by かに at 16:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック