2008年10月09日

はきもの


はきものをそろえると心がそろう

心がそろうとはきものもそろう

ぬぐときにそろえておくと

はくときに心がみだれない

だれかがみだしておいたら

だまってそろえておいてあげる

そうすればきっと

みんなの心もそろうでしょう




先日紹介した『公立魂 鷲宮高校野球部の挑戦』という本の中の一文です。

この本には多くの鷲宮高校野球部の格言が載っています。
今回書かせてもらった『はきもの』という詩は、その一番最初の格言として載せられています。

この詩には道具を大切にする心、仲間を思う心などが染み込んで居ると思います。

昔から『制服の乱れは心の乱れ』と言う言葉があります。

ユニフォームや野球道具を大切に扱わなければ心が乱れ、心が乱れた選手ばかりではチームワークも乱れる、そう思います。

チームワークというのは今日始めて今日出来るものではない。
『はきもの』の詩のように、小さい事の積み重ねがその一番の近道だと思う。

小・中・高と幅広い年代のチームを見ていますが、どのチームもそんな心を持ったチームになって欲しいと思っています。

posted by かに at 01:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本、発売とたんに購入し読みました。
で、思ったこと。。。。
こんな熱血監督にめぐり合えるのなら、あえて私学へ行く必要は全くない。。。ってことでした(苦笑)。
でも、(生活指導でも野球でも)ここまで情熱のある先生は公立にいないんですよ。。。。
Posted by touch at 2008年10月09日 12:36
touchさん、どうもです。

高野先生のような方は私立高校だってそうはいないでしょう。
厳しさと優しさを兼ね備えた立派な先生ですよね。
表面的ではなく内面も含めて、多くの監督に見習って欲しいと思いますね。
Posted by かに at 2008年10月10日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック