2005年12月10日

久しぶりの練習参加

今日は久しぶりに少年野球の練習に顔を出してきました。

退院後も運動を禁止されていたから、選手と一緒に体を動かすのもほぼ1月ぶり。
今日は復活の日としてうってつけでした。
何と言っても今日の埼玉県の最高気温は14℃。12月とは思えないほど暖かさだった。
天気予報を見ると雪だるまマークを見かける様になったというのに、今日の練習中、ずっと上はアンダーシャツ1枚で平気でしたからね。

そんな天気だからではないでしょうが、どうにも選手達の集中力が途切れがち。
どいつもこいつも声は出さないし、ランナー付けてノックやれば、ランナーに惑わされてちっともアウトが取れない。これがここ4〜5年で最強ではと見られてた子なのって感じ。
言っても3年生以下の低学年チームですからね。その日のノリと雰囲気で、最強チームになる時があれば、野球っぽい遊びをしている時もある。今日は完全に後者。

その原因のひとつはこの日のスケジュールにあった。

この日の集合は午前9時。でも野球の練習は昼飯後から。午前中は何をしていたかというと、近くの公民館に集まって忘年会の宴会芸の練習をしていたんですよ。

我がチームは来週土曜日が忘年会。
4年前までは指導者と父兄だけで忘年会をやっていたんだけど、いつも決まった人しか出席しないこと。
下の子がいる関係から、夜出歩けない父兄が多数いたからだ。
それならと、3年前から選手も一緒の忘年会を開いていたんです。
その忘年会の一番の盛り上がりを迎えるのが選手による隠し芸。
低学年、4〜5年生、6年生に分かれて、それぞれが隠し芸を披露することになっている。

当然去年卒団したまーぼもやりましたよ。気合を入れて「ウォーターボーイズ」。
海パン一丁で踊まくり。テレビドラマの踊りを正確にパクったんですからかなりの完成度でしたよ。
県大会後は何よりもこの練習に時間を費やしてましたから。(笑)

ちょっと話がそれましたが、ともかく来週の忘年会にむけて低学年チームも宴会芸を磨いていた訳です。
本当なら午前中に練習して、午後から隠し芸の練習の方が良かったんでしょうが、グランド確保の関係でこうなってしまったんです。この日は午前は学校の校庭、午後は市の施設である野球場を確保していた。練習をするなら圧倒的に野球場の方が質の高い練習が出来る。監督がそちらを選択したのも当然の事。

宴会芸の練習でバカ騒ぎしたあとの練習だから、おふざけ気分が抜けきらないのは無理もないこと。何せ1〜3年生達ですからね。何度か怒鳴ったらさすがにマジメに練習し始めたんですが、声はなかなか出る様にならない。

やっぱり一番の原因は公式戦がなく目的を失ってる状況だからでしょう。
でもこの時期に大会がないのは当然のこと。一応明日も練習試合は組んでますが、それでも練習試合ですからね。それに臨む選手の緊張感も違います。

それでもまだボールを使って練習出来るだけまし。来月になればさすがに寒さからボールを扱う練習もやりにくくなるでしょう。ボール使ったってこんなにテンション低いのに、走り込み中心にせざるを得ない冬場のトレーニングだったらどれだけモチベーションが下がってしまうことか。

高学年だったらガンガン走らせて、とにかく下半身強化させるんだけど、低学年の冬は久しぶりなんでどうしたもんか考えちゃってるんですよね。

皆さんのチームでは寒い時期の練習で、飽きっぽい低学年の選手のモチベーションを上げるためにどんな事をしているんでしょうか。どんなことでも構いません。教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。
posted by かに at 22:56| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グランドの問題とはいえ、宴会芸の練習後に野球の練習とは、手順前後でしたね^^
低学年選手の意識を高く保つのは、結構難しいですよね。
子供の競争意識を植え付ける練習はどうでしょう?
例えばボールを使えない時期でも、ただ走りこむのではなく、なんらかのゲーム性を持たせたメニューを考え、タイムや距離などを競わせるような感じにしては?
Posted by ドラ夫 at 2005年12月11日 20:42
ドラ夫さん、どうもです。

やはりゲーム性、競争は必要になるでしょうね。
まだ多少時間がありますから、その線で監督と話をしてみます。
Posted by かに at 2005年12月12日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック