2008年08月05日

酸素

怪我をしてから3日目となったまーぼ。
結構腫れがひいてきてます。目も結構開くようになってきました。

実は今日、怪我の早期回復を考えて、酸素カプセルに入ってきたんです。
ベッカムと早実の祐ちゃん(当時)ですっかり有名になったあの『オアシスO2』というヤツです。

当初は渋谷の中心にある有名なところに連れて行こうかとも思ったんですが、時間も金も掛かるから、ウチから近いところに変更。それほど遠くないところの整骨院に導入されていることが判ったんで、そこにすることにしました。
もちろん事前に病院の先生にも許可を得ました。
先生も「酸素を取る事は悪い事ではないからまったく問題ない」とお墨付きをくれました。

もう少しで始まるオリンピックでは酸素カプセルに入るのはドーピングになるとか。
そんな話題も出ましたが、息子はオリンピック選手ではないですしね。
そもそも私はアンチドーピング協会の判断が正しいと思っていないんでね。

骨を修復する時に多くの酸素が必要になるとかで、酸素カプセルは効果的なんだそうです。ベッカムで話題になったのはその効果を実証したからですよね。


やれる事は無駄でも良いからやっておく。これが私の信条ですから。


で、実際体験した見た結果。
まず分かり易い形で現れたのは、最初にも書いた通り顔の腫れが引いた事。
昨日と比べて極端に腫れが引きました。
これはまーぼ自身も顔を触ってみて実感したそうです。

カプセル内はちょっと暑かったみたいですが、リラックス出来たし、良い体験だったようです。
もちろん骨の修復にどれほどの効果があったかは判りませんが、精神的なプラス作用はあったかな。

割引券ももらったし、少し間を空けてもう一回やろうかと思ってます。
posted by かに at 17:48| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じく高1球児の母です。
高野連も酸素カプセルの使用を控えるべきとの見解を示しているようです。
HPに出ています。
私もなぜ?って思いますが、(健康に良くないのでしょうか??)
高野連からそういう通知が出ている以上は、ブログなどで公にしないほうがいいんじゃないかなと、おせっかいだと思いつつコメントさせていただきました。
Posted by さきとも at 2008年08月07日 00:36
さきともさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

確かに高野連も自粛要請をしていましたね。すっかり忘れていました。
色々読んでみる限り、要するに「血中のヘモグロビンと結びつく酸素が増えると競技力の向上に繋がる可能性がある」ということだそうで、その競技力の向上ってのがドーピングに当たるってことのようなんですよね。

そもそもアンチドーピングって人体に悪影響を及ぼすような物質を使って競技力を上げることは、選手の生命に関わるから禁止しよう、ってのが基本的な考えだったはずなのに、かなり拡大解釈になってるところはありますね。今回の判断は各方面から「酸素なのに」と反発がありますね。

アンチドーピング協会の判断を受けての高野連の自粛要請につながったみたいなんですが、根拠も曖昧だしあまり納得出来る判断ではないですね。

今のところはあくまで要請で、罰則規定などはないようなので、この記事自体を消す事までは考えていません。
とは言え、思い出してしまった以上はもう一度やると言う訳にはいかないでしょう。

そう言えばそういう記事を読んだ覚えがあったのに完全に失念していました。ご親切にありがとうございました。


Posted by かに at 2008年08月07日 02:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック