2008年07月15日

親とのせめぎ合い

先日の土曜日。
かなり久しぶりに少年野球に顔を出しました。
このところシニアが土曜日に試合とかって展開が多かったからねぇ。

この日は日曜日に4、5年生の大会があるってことで、4年生は高学年の方で練習。
低学年には2、3年生の8人を相手に大きな声を出していました。

この日は1人が体調不良で欠席。3年生以下でこの人数だから、欠席した子を加えても9人きっかり。
しかも次代を担う1年生がゼロと言う状況何で、子供同士でもうちょっと勧誘してもらいたいところ。

しかしいつの時代も入らない親御さんの理由は変わらないよね。

「家族旅行にいけなくなるから」

「当番などでグランドに来るのは負担」

「野球のルールを知らない」
などなど、親御さんが言うのは大体こんな感じ。
子供のやる気とか関係なし。結局自分にとって都合が悪いからやらせないってパターンが多いね。

選手が直接勧誘して、子供がその気になっても、親から「プールに行けなくなる」「旅行に行けなくなる」って言われちゃうとあっさりとやる気が無くなっちゃうんだよね。

そりゃあそうだ。これから夏休みって時期にそんな事言われたら子供だってイヤだもん。


こんな話をしている時。
同じ低学年のコーチが一言。

「まぁ、低学年のウチは遊びが理由で練習を休むってのは、決してダメだとは思わないけど、高学年になったら野球に集中して欲しいしね」

考え方自体は間違ってないけど、これを前面に押し出して「低学年のウチは遊び優先でも良いよ」なんて父兄に勘違いされちゃうのも困るしね。

実際、高学年ならお遊び半分の選手はいらないと門前払いしちゃうことも悪くはない。
でも低学年のウチはお遊び半分の選手をその気にさせ、野球小僧に仕立て上げるのは指導者の力量次第。

遊ばせたい、遊びたい親とのせめぎ合い。これが一番難しいんだよね。



posted by かに at 17:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック