2019年10月15日

ベスト8進出めでたい

いやー、ラグビー日本代表やりましたね。

最初のロシア戦こそ見ていませんでしたが、二戦目のアイルランド、ビハインドの場面から見始めましたがすっかりハマっちゃいましたね。

三戦目のサモア戦、そして前日のスコットランド戦。
どちらも試合開始からしっかり観戦しちゃいました。

ルールもよく分からない競技を、ここまでのめり込んで観戦するなんて今までありませんでしたが、ルールが分からなくても、選手達がこの試合、一つ一つのプレーに賭ける気持ちが伝わって来ます。

かつてのラグビーのイメージだと、パワーでは外国に全く敵わないが、スピードと小技で勝負していく、そんな感じでした。
しかし今回見ていると力勝負のスクラムでも全く負けてませんし、デカい選手にタックルされても吹き飛ばされる事なく、体を捻ってでも少しでも前に進めていく。

長年弱点と言われていた部分を見事に克服したからこその快進撃。
そのたくましさに心奪われている人がたくさんいるからこそのこの盛り上がりなんだと思います。

私の好きな野球で言えば、やはりパワー選手との対戦、動くボールへの対応、国際球への慣れと言ったところが長年課題と言われていた部分でしょうか。

ずっと課題と言われて来たけど、どれをとっても競技全体での克服という動きはなく、あくまで選手の対応力に頼っている現状です。
それから国際大会への海外チーム所属選手の出場。これも個々の対応のみとなってる。

もちろんワールドカップに値する大会の有無も関係しているとは思いますが、競技団体としての取り組みの差があまりにも大きい。

ラグビー日本代表はこの大会のために年間200日を超える合宿を行なっていたそうです。
大会直前にパッと集まって戦術戦略を練り込む時間をたっぷりと取らずに試合を迎えていたら、どんなに優秀な選手を集めても勝てるものも勝てない。
国際試合で勝つと言うのは、それだけ大変な事なんだと思います。
まぁ、これはサッカーにも当てはまる事とは思いますが。

11月には野球も国際大会が待っています。
ラグビーの盛り上がりの熱が忘れられていない時期に行われるだけに、試合内容や結果によっては競技人気にも大きな影響が出るようにも思います。

高校野球日本代表もあれだけの選手を集めながら3位決定戦にすら出られず。
イチロー、ダルビッシュを擁したWBC以降で胸のすくような結果を見た記憶がない。

このラグビー日本代表の快進撃は、稲葉さんには大きなプレッシャーが掛かっている事でしょう。

野球ファンとしては大きな不安があるのが正直な気持ちです。
posted by かに at 14:28| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする