2019年09月14日

結論:『iPhone 11 Pro』は買いません

あれこれと悩みまくった結果。


タイトルの通り、『iPhone 11 Pro』は買わないことにしました。


あんな記事を書いてるから、絶対買うだろうって思ってたでしょ?意外でしょ?

それはなぜなのか?

それは、今回の『iPhone 11 Pro』は、Pro≠フ名を冠するほどの圧倒的なパフォーマンスを持った機体ではないと思ったからです。

iPhoneユーザーでは無い、それほど興味もないと言う人のために簡単に説明しますと。

今回発表されたiPhoneは、《iPhone 11》《iPhone 11 Pro》《iPhone 11 Pro Max》の3種類。
いわゆる廉価版的存在の《iPhone 11》とフラッグシップモデルの《iPhone 11 Pro》と大サイズの《iPhone 11 Pro Max》の違いは何か。

それはカメラ性能とディスプレー。
実質それだけなんです。
《iPhone 11》が広角レンズ、超広角レンズのデュアルレンズに対し、Proの方はそれに望遠レンズを加えたトリプルレンズ。
さらにProには最上位ノートパソコンなどにも使われている最高峰のディスプレーが搭載されています。
あとはバッテリーの持ちがずいぶんと違います。

前回の買い換えの時。
私が選んだのはフラッグシップモデルのiPhneXでした。
同時に発売されたiPhone8とは全く違う機体。
指紋認証もホームボタンも残した8とは違い、XにはiPhoneの未来を見せてくれるようなワクワク感がありました。
実際、以降に発売されたiPhoneはこの時のiPhneXが基礎になっています。

しかし今回のiPhone11 Proにはそのワクワク感がありません。
基本性能を決めるA13プロセッサーも11と一緒。暗いところでもキレイに撮れるナイトモードも同じく搭載。
11を置き去りにするような圧倒的なパフォーマンスを感じません。
と言うよりiPhone11が良すぎるんです。

そして私が今回Pro≠買わない決断をした一番の理由が、来年には新通信方式《5G》対応の機体が出ると言うこと。
そしてその機体は、カメラセンサーが大きくなり、モニター上部のノッチが無くなり、画面どこでも反応する指紋認証が導入される、こんな噂があるそうです。


そこで!!

前置きが長くなりましたが、今回私は《iPhone 11 Pro》ではなく《iPhone 11 》を買うことにしました。

値段にして3万円の節約。
もちろんこれは来年に発売される《iPhone 12 Pro》が期待通りなら買い換えるという決意の表れです。

あれこれツラツラと書いてきましたが。
一番の趣味であるカメラとして、仕事道具として、ネットや動画、ゲームを楽しむ娯楽品として。
生活の中で圧倒的に長い時間触れる携帯電話にこれくらいのこだわりを持つのは至極当然、と私は思っています。
posted by かに at 00:19| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする