2019年07月31日

賛否両論続く

大船渡高校の佐々木投手の話がとてつもなく大きく広がってます。
それぞれの立場、野球観、高校野球観により、様々な意見がある事は端から分かってましたかが、本当に様々な意見が出てますね。

一部では登板させなかった事に賛成なのは革新的な野球観の人、反対なのは前時代的な考えの人、という極端な意見まで出てました。

正解不正解がある訳でもないですからね。
それぞれの立場で意見を言う事は良いと思うんですが、当事者である大船渡高校に苦情の電話を入れたりするのは明らかに間違い。そんな権限なんてない部外者が何をやってるんだと思ってしまいます。

時間が経って色んな意見を見聞きし、私自身が大きく賛同したものが2つあります。

1つ目は文春オンラインに掲載されていた元福岡ソフトバンクホークスの馬原孝浩氏が言われた「163km投手の肘へのダメージは未知数」という趣旨の発言。
まだ体が成長過程にある佐々木投手が連投する事による体への負担と言うのは、部外者が自分の経験値だけで測れるものでは無いと思います。

日本野球には投手は投げ込んで体を作るという考え方が浸透していて、もちろんそのお手本という様な投手が何人もいる事は分かっています。

しかし大谷翔平選手や佐々木投手の様な規格外の選手は、そういうこれまでの固定観念で測れるものではない様に思います。

そうした考えの上で、これまたなるほどと納得したのが、ナンバーwebに書かれた「流しのブルペンキャッチャー」安倍昌彦氏が書かれた記事。

「準決勝に佐々木投手を登板させず、中3日で決勝戦に登板させる」という内容の記事。

佐々木投手の体を労わりつつ、甲子園を勝ち取るとすれば確かにこの起用しか無かったかもな、そう思いました。

相手校の力量を見極めた上でどうやりくりしていくか。

その上で、準決勝ではあえて佐々木投手を使わないという選択があったのか。
それは外野では分からない事です。

しかしあえてその準決勝の一関工業戦に登板させたというのは、そうでなければ勝ち上がれないという判断があったのかもしれない。
それだけ一関工業の力を高く見ていたのかもしれない。

いずれにせよ、準々決勝以降の日程にもう少し余裕があったら、こんな騒動は起こらなかったのかもしれない。
今のところ、岩手県高野連が取材を受けたという記事は見ていませんが、どこかの段階で県の責任者が何らかのコメントをしなければいけないんじゃないかな、そう思います。

ともあれ49の代表が今日決まりました。

佐々木投手のいない甲子園でどんなスターが生まれるのか。
楽しみにしたいと思います。
posted by かに at 00:08| 東京 ☀| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

一石を投じた

『令和の怪物』大船渡高校の佐々木朗希投手の甲子園挑戦が終わりました。

しかし4日前の準々決勝で約190球、前日の準決勝で約120球投げた疲労を考慮し、国保監督は決勝戦で投げさせないという決断をしました。

佐々木投手の将来を考えれば非常に意味のある勇気の要る決断だったと思います。

決勝戦でチームの大黒柱であるエースを一切投げさせないというのは普通に考えればあり得ないこと。

案の定、ネットでは賛否両論渦巻きました。

「ここまでに負けたチームに対して失礼」「勝つための采配をしない監督は無能」

こんな暴論がネットで飛び交っていました。

高校野球ファンである私としても彼が甲子園で投げるところは見てみたい。
でもそのために連投でこの日の決勝戦に投げるというのは、うーんと考えてしまうところもありました。

真偽のほどはわかりませんが

『朗希1人に依存して彼の将来を潰してまで甲子園に行っても嬉しくない。それより俺達が朗希を甲子園に連れて行くつもりで頑張る』

こんな声がチームメイトからあったとか。

もしこれが本当だとしたら佐々木君は素晴らしいチームメイトに恵まれたと思う。

甲子園で勝ち上がる事を考えたら、佐々木投手抜きで花巻東クラスと対等で戦える投手力、打力が必要。
残念ながらそこまで力が届かなかったという事だったんだと思う。

国保監督は佐々木投手の将来と共に、こんな過密な試合日程を組んだ岩手高野連に対しても大きな一石を投じたと思います。


落合博満氏がこんな事を言ったそうですが、まさにその通りだと思いました。

「周りがとやかく言う問題じゃない。指揮を執った監督が最善策を取っただけ。当事者が解決すればいい。周りが騒ぎたいのは分かるけど、学校や監督の立場がある。議論にしてはいけない」

誰よりも甲子園に行きたかったのは選手達、そして一緒に苦労してきた監督なのだから、外野がその賛否を言い争っても意味が無い。

落合氏が言う通り、議論にしてはいけないと思います。

高校野球で一番大切なものは何か。

決勝戦の試合後。

「甲子園に行きたくねえのか!」

国保監督にこんなヤジが飛んだそうです。

本当に情けない。
行きたくないわけないじゃない。

大きな一石を投じた国保監督の決断。
私は一野球ファンとして支持します。
posted by かに at 01:57| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

雑草駆除

現在、我が家の家の周辺の雑草が大変なことになっちゃってます。
544D64F9-D1F3-4E10-977F-2599E240437F.jpg

お隣の塀との間のわずかなスペース。
玄関とは真裏になりますから、まぁ、他所から見えるわけでも無いし、私自身も使わない場所なんですけどね。

ここまでモサモサ生えちゃうとやっぱりイイ気持ちはしないですね。

去年までは除草剤を撒いて枯らせてたんですが、今年はまだその作業をしてません。

なにせずっと雨続きですからね。
雨降ると除草剤の効果も半減しちゃうんじゃないかって思っちゃいません?

梅雨明けたらやろうと思って待ってるんですが、なかなか明けないんでね。

暑い中やるのもそれはそれで大変なんだけど、これを放置もイヤだしねー。
明日あたりから予報の傘マークも消えたみたいだし、もしかしたら梅雨明けも近いかな?!

posted by かに at 20:02| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華街&浜スタ堪能

日曜日、友人と横浜スタジアムでのベイスターズ戦を堪能して来ました。


試合は6時開始なんですが、3時に待ち合わせして中華街で早めの夕食。

意外にリーズナブルだったコース料理で中華を満喫。そしてむしむしするスタジアムでは冷たいみかん氷。体がヒンヤリして心地よかった。


試合はロペスの満塁弾、終盤ジワジワと追い詰められるも私も友人も楽しみにしていたヤスアキジャンプをやる事が出来たし、一打逆転の大ピンチもダブルプレーで切り抜けて勝利。

貯金が1となり、気持ちよく横浜を後にしました。


美味いものが食えて、試合も超楽しかったし勝ったし、素晴らしい観戦でした。


ライトポール近くの訳あり席という奴でしたが全然問題無しでした。筒香が打ったポールぎわに大飛球も見れたしね。(結果ファールでしたが、我々からもそれがよく見られた)


野球観戦はやっぱり楽しいなーー。


68ACE185-F9C5-4138-AC60-2410570C8F4A.jpg


18B491D2-8403-4EF1-B143-C52179C43EAE.jpg


B387BE75-9BB6-4634-A008-3F2ECB8D128C.jpg


1B796E34-5513-4345-B276-9B4E535C1204.jpg



posted by かに at 08:28| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ザンネン

先日の木曜日。
雨天順延になっていた息子の高校野球部の試合応援に行って来ました。

向かっている途中、息子のお嫁さんも午後半休を取って向かってるって事が分かり、奥さんと大喜びして球場最寄駅まで迎えに行きました。

連日の雨でジメジメな空気は変わらずですが、時折晴れ間も見えて、より一層汗をかいちゃいました。

試合は残念ながら敗戦。
立ち上がりを見る限りは力の差は無いと思ったんですが、高めに浮いた球を見逃さずに強打する相手に対し、息子高校の選手たちは慎重になりすぎてるのか、相手投手のペースで打たされてるという感じでした。
ファーストストライクをあっさり見逃し、ツーツトライク目は打ってもヒットに出来ない厳しいコースに決められ、結局は追い込まれて窮屈なバッティングになってしまう。

見ている方としてもストレスの溜まる攻撃でした。
今年の代はあまり試合観戦出来ていなかったんですが、そんな私ですらイライラしてしまうバッティングでしたから、コーチをしている息子の気持ちは相当だったでしょうね。

力を出し切って、その上で力負けというなら仕方ないのですが、こういう力を出しきらず自分で自分を追い詰めるような試合は見ていて残念ですね。


4605D368-4093-4FBD-A280-084797BEA742.jpg

試合終盤、二死満塁という場面があり、バックネット裏最前列で選手に声を掛けてる集団がいました。

3年前、浦学をあと一歩という所まで追い詰め、チーム史上一番勝ち上がった先輩達でした。
現在は大学三年生になるのかな。

私達夫婦が息子高校野球部のファンになったきっかけとなった代の子達です。

現在の三年生にとってはレジェンドみたいな存在でしょうね。

レジェンド達の応援も届かず勝利することは出来ず。

応援する野球部が1日でも長い夏にして欲しいと思ってる身としてはあまりに早い勝利でとてもザンネンですが、勝負ごとですからね。

次の新チームはもうちょっと見に行ければ良いなー。
posted by かに at 07:44| 東京 🌁| Comment(2) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

期日前投票

B8DEECBB-1DAB-423C-BD43-D84C94BAB1EC.jpg

今日はこれから出掛ける用事があるので、昨日奥さんと一緒に行ってきました。

誰に投票したって何にも変わらない。
そんな事を言う人がいますが、しなきゃますます変わらないし、しないなら文句言う権利を放棄する事になると思う。
投票は政治に対してモノを言うための最低限の参加資格じゃないかな。

これを読んでまだ行ってないやって人。
すぐ行きましょう!

posted by かに at 11:49| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

楽しみ流れたけど楽しかった

昨日の日曜日。

息子の高校野球部の応援に行く予定だったんだけどねぇ。
あいにくの雨で順延。

息子のお嫁さんも一緒に3人で観戦予定が流れてしまったのはすごく残念。
お嫁さんも元々勤めていた学校だった(だから息子と出会ったわけですが)から楽しみにしてたみたいなんだけどね。

7月に入ってずーっと雨。
気温も低い状態が続いてますし、夏の大会というのは余りに例年と状況が違いすぎますね。
ちなみに順延された試合は今日行われ無事に勝利。
次戦は春の関東大会に出場している学校が相手。今日は所用があっていけなかったけど次こそは応援に行きたいな。

で、昼間の野球観戦の予定は無くなってしまったんですが、2人で夕食を食べに来てくれました。
時間がたっぷりあったから、私はキーマカレーを、奧さんがビシソワーズスープを作ってお出迎え。

ミルフィーは相変わらず警戒して3階に避難しちゃいましたが、人なつっこいショコラはお嫁さんにいっぱい遊んでもらい、その後は息子の横にコロンと転がって熟睡。

2人にはにゃんこと一緒の時間を楽しんでもらい、私達も4人での食事を楽しみました。

食事後、息子の小さい頃の写真を一緒に見てみんなでニヤニヤ。
ホントに楽しかった〜。
posted by かに at 13:56| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

リベンジ

先日失敗に終わってしまったUVレジンを使ったiPhoneケース。
この土日に再チャレンジしました。

思い描いていた100%の出来とは言えませんが、とりあえず前回の失敗を踏まえた上で使える状態になりました。

それがこちら

IMG_3954.jpeg

夏向けのヒンヤリとした見た目のケースになりました。

前回の失敗の一番の原因はレジンの中に入れ込んだつぶつぶした存在。

実はこれ、ビー玉を砕いたものなんです。
100均で買ってきたビー玉をフライパンで熱し、そこから氷水に入れると温度差でビー玉内に細かい亀裂が入ります。
これをクラックビー玉って言うんですが、私はそのクラックビー玉をキッチンペーパーにくるんで粉砕。
細かいガラスの粒が出来るんですが、前回は結構大きい粒を使ってしまったため、表面の凹凸が思った以上に大きくなってしまったんです。

それをカバーするためにレジン液を大量投入したんですが、一気に流し込みすぎて側面にダラダラと流れそのまま固まってしまいました。

ちなみにレジン液というのは以前立水栓の水受けでも使いましたが、透明ジェル状の液体。
前回のものは2液を混ぜて使う2液タイプでしたが、今回は1液タイプ。UVレジンというものになります。
文字通りUVライトや紫外線で固まるタイプになります。2液タイプだと固まるまで丸一日近く掛かるんですが、UVレジンはライトを当てれば数分で固まってくれます。
透明度は2液タイプの方が高いのですが、固まる時間が短いUVレジンの方が今回の様な細かいものには適していますね。

で。
前回の失敗の原因となったビー玉粒はふるいに掛けて細かいものを振り掛けるようにしました。
そしてレジン液もあまりドッと大量に入れず、入れたら筆を使って伸ばし、そこで紫外線を当て固め、そしてまた塗る。
そんな感じでゆっくりと厚塗りしていく形でコツコツと重ねていきました。

おかげで今回は横にこぼれる事もなく出来上がりました。

ちなみに今回砕いたビー玉は、濃い青、薄い青、透明、グリーンの4色。
上の方で使ってる緑が意外に目立ってて、冷たさのアクセントにはなったかなと思います。

重ね塗りだから見た目でも分かる感じの凹凸があるのが気になるので、今度細かいサンドペーパーを使って磨いてみようかとも思ってます。

ひとまず前回の反省を踏まえてヒンヤリと氷のような雰囲気のものが完成しました。

思い描いていたものに近い物は出来たので一定の満足感はありますが、重ね塗りした事による重量感や細かい部分の難しさを実感しました。

UVレジンはまだ残っているので、また何かを作りたいなとは思っていますが、何を作るかは思案中。
例によってPinterestを見て構想を練っています。
posted by かに at 15:15| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

ミルフィーが来て2年 ショコラが来て3週間

ミルフィーが我が家にやってきて2年が経ちました。
最近では私達の言ってる事が理解出来てるのでは?と感じる時があったりして、ますます愛おしさが増していってます。

ショコラが来て今までとペースが変わってストレスを感じてしまわないか、心配してましたが、日が経つにつれ二匹の関係性も安定していき、今ではミルフィーも今までと同じマイペース生活を取り戻しつつあります。

59EFC6A7-1325-4D76-86E4-86A242B1B55C.jpg

お昼寝から起きて大あくびのミルフィーさん。

そしてこちらはやんちゃ盛りのショコラくん。

62EEED2B-4396-46DB-B5BA-2C0C8293EEC5.jpg

先日までは食後に1時間ほどケージから出し、遊ばせていたんですが、この土日から夜寝る時以外はケージから出しっぱなしって生活に変えました。
それまではわずかな遊び時間だからと出てる間はノンストップで遊び続けていましたが、すっと外に出てるとそのうち眠くなるわけで、ソファーや床でコローンと寝転がって寝てしまう様になりました。

E6C839F0-352F-4179-AA8C-43EF5593BE24.jpg

しかも眠りが相当深い様で、一度寝てしまうとちょっとイタズラしても全然目を覚まさない。(笑)

8EBFB9BB-EFA6-43FC-8725-58999C4CAA1B.jpg

お手手を動かしてこんな寝姿になっちゃっても爆睡しっぱなしです。

写真のようにミルフィーにも徐々に母性が目覚めてるようで、最近はやんちゃな小僧を温かく見守っている、といった感じです。

今のところショコラにとってはミルフィーはでっかい遊び相手と言った感じみたいですが、いつか甘えるようになったら二匹がくっついて寝ることもあるのかなと思います。

とにかく二匹がスムーズに仲良くなるように、ミルフィーの様子を中心に見てきたのが功を奏したのかな、と嬉しくなります。

焦らずそんな日が来るまで見守っていくつもりです。



posted by かに at 22:09| 東京 ☁| Comment(2) | ミルフィー&ショコラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

失敗

梅雨の雨が連日しとしとと降ってます。

湿度が高くて汗が止まらないよねぇ。

そんな天気の時は室内で出来るDIYをやろう。

一つはiPhoneケース作り。もう一つはウッドバーニング。

どちらも初の試みだったから、ってものあるけど、こういう細かい作業はどうも根気が続かなくてねぇ。

作業工程の説明はまたそのうち書きますが・・・・結果失敗でしたね。

IMG_0821.jpeg

まぁ、失敗は想定済でしたが、やっぱり悔しいねぇ。

今回の失敗を糧に次なるイメージを膨らませていくつもり。

こうやってイメージを形に変えていく作業はとても楽しいよ。例え失敗してもね。
posted by かに at 12:55| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全力疾走

一昨日のベイスターズ対カープ戦。

もうダメだと思った最終回に同点に追い付き、最終的には痛み分け。
本当は三連勝で一気に借金返済と行きたいところだったけど、2勝1分けなら文句ないでしょう。

あの大連敗後。令和に入って投手陣が戻り始め、当初の目論見通りの試合が出来るようになった5月中旬。「7月中に5割に戻せれば十分優勝を狙える」と私は考えていました。
そんな目論見よりも1ヶ月早く戻せそうな感じになってます。ってまだ戻せてないんですけどね。
それでもそんな私の発言を鼻で笑うように無言で聞いていたカープファンの知人に、ふふん、と言ってやりたい今日この頃です。

さて。
一昨日の試合。
延長11回にそれはありました。

ピッチャーはエスコバー。打者野間選手。
当たり損ねの打球がピッチャー前にフワーッと上がりました。
その打球をエスコバーがまさかの落球。
すぐに拾って一塁に送球し、なんとかアウトになり事なきを得ましたが、そういうミスからの出塁は得てして得点につながるものですから、アウトになって本当に良かった。

というのもこの時、打者走者の野間選手は上がったフライを見てゆっくり一塁に向かい始め、エスコバーが落としたのを見て慌てて全力で走り始めたんです。
広島ファンはツイッター上で、怠慢走塁、二軍に落とすべきと厳しい言葉を投げかけてます。

その時のプレー、ここに貼り付けられるYoutube動画を探したんですが、ちょっと見つからなかったので、「野間 怠慢」でツイッター検索して見てください。

映像を見返すと確かにファンが怒るのも無理はないな、と思いました。

しかしベイスターズファンの私からすれば、上がったフライの位置からすれば本来はピッチャーをどかしてでもキャッチャーが取らなきゃ、取りに行かなきゃいけない打球だと思いました。

しかしこの時のキャッチャー嶺井は数歩打球方向に出たものの、途中で足を止めてピッチャーを見ちゃってる。

正直、こんなプレーをしていては、伊藤選手からレギュラーポジションを奪うことは出来ないなーって思いました。


野間選手にせよ嶺井捕手にせよ、優勝を争う戦いの中で、こういうプレーが勝敗を分ける時が絶対出てくる。ならはそういうプレーをした選手をここぞの場面で全面的に信頼出来るかって言うと難しいと思う。

長いシーズンの中で常に全力でプレーするってとても大変な事だと思うけど、そうやっている選手が実際にいるわけだから、他の選手だって出来ないわけがない。

野間選手も嶺井選手もお互いのチームにとって大事な戦力なのだから、こんなつまらないプレーはもう二度として欲しくないですね。

息子のかつての師匠でもあり、私も敬愛しているS元総監督の言葉に「走姿顕心」という言葉があります。

走る姿に心が顕れる(あらわれる)

私はこれからもそういう選手を応援していきたいと思います。

posted by かに at 01:15| 東京 ☁| Comment(2) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする