2018年08月23日

金足フィーバーに思うこと

記念すべき100回目の甲子園は最強軍団大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。

当初は大阪桐蔭の根尾や藤原、報徳の小園と言った選手が注目を集めていましたが、終わってみれば一番注目を集めたのは、準優勝となった金足農業の吉田投手でした。

女性受けするイケメンぶり、ど真ん中でも空振りが取れる威力満点のストレートを中心としたピッチング。
もちろんこれらは金足フィーバーの大きな要因ではあるんですが、高校野球ファンがことさら盛り上がったのは、この金足農業が選手達が全員地元出身の県立高校であったと言う事だったと思います。

とかく高校野球ファンは公立高校を好みます。
公立高校が強豪私立高校を撃破することに至上の喜びを感じるようです。

金足農業が打ち破ってきたのは、大垣日大、横浜、近江、日大三高と言った蒼々たる強豪私立高校。
もちろん吉田投手の好投があっての勝利というのは言うまでもありませんし、どの試合もしっかりと得点を重ねた打線も素晴らしかったと思います。
ただ、相手応援のアルプス以外の球場全体が金足に勝たせたいと言うムードを作っていたと言うのは言い過ぎではないと思っています。
それが極端に肥大すると魔物と呼ばれる極端な反感びいきの応援となるんですね。
しかしこれがやっかいなもんで、あくまでも個々の応援の気持ちの高まりが結集した結果のムードですからね。
さすがにかつて行きすぎた応援としてタオル回しは禁止になりましたが、声を出すなとは言えませんしねぇ。

マスコミの煽りすぎってものあるでしょうけどね。
かく言うウチの雑誌も吉田君を毎週の様に記事にしていたようですしね。私はタッチしてませんが。

私個人としてはあれだけジャパンクラスの選手を集めた大阪桐蔭をどこかが破って欲しいという気持ちもありましたが、金足フィーバーに関してはちょっと行きすぎだなぁって気がして、どっか冷めた気持ちになってしまったのも事実です。

閉会式で高野連の会長がエースを盛り立てる金足の野球を『高校野球のお手本』とした事に議論を呼んでいます。

投球回数の問題はこれまた長くなるので今回は書きませんが、結局は高野連は公立高校が1人の絶対的エースを擁して甲子園を席巻する≠ニいうのが理想なんでしょうね。

100回大会の閉会式という大きな舞台でこういう考えが露呈してしまった。
こういう考えを持った人が高校野球の今後を担っているかと思うと残念な気持ちを通り越して悲しくなりますね。
posted by かに at 09:09| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする