2018年03月15日

海外ドラマ

私とムスメは海外ドラマ仲間なんです。
私は元々、『X-ファイル』や『24』と言ったアメリカのドラマが好きだったんですが、アマゾンプライムが見られる様になってからそれがさらに加速しちゃってます。

姉ちゃんは姉ちゃんで岡山に行ってから、彼の影響で海外ドラマを良く見る様になったらしい。

ゾンビドラマの『ウォーキング・デッド』にハマってるってのを聞いて、その後私も見る様になって同じようにハマってしまいました。

毎日ちょっとずつ見て行ってシーズン7まで見たんですが、ショッキングな展開になって(ネタバレになっちゃうので詳しくは書きませんが)見る気がどーんと失せてしまい、続きを見るのは止めて新たなに『グリム』を見始めました。

『グリム』は警察モノとSFモノの融合と言ったドラマで、『ウォーキングデッド』同様、特殊メイクが秀逸です。
気に入っちゃってどどーっと毎日見てたら『グリム』もアマプラで見られるものを全部見終わっちゃった。

次は何を見ようかなーって考えて姉ちゃんに相談してみたら、即答で『メンタリスト』って答えが返ってきた。
メンタリストって日本においては、テレビとかでやるショー的な要素が強いよね。考えてることを当てたりね。
ドラマの『メンタリスト』も基本的な能力は同じなんだけど、それを操作に生かして犯人を逮捕するという警察モノ。
抜群の洞察力で犯人を推理して、メンタリストとしての特性を生かして自白に結び付ける。

なかなか楽しいドラマで、たまシーズン1の途中なんだけど、これまた最後まで見ちゃいそうな気がしてます。
ちなみにこのドラマに主人公の上司として出ている俳優、『24』でずる賢くて嫌味な大統領を演じていた俳優なんだよね。
俳優である以上そうやって複数のドラマに出る事は当然なんだろうけど、どうしても前のドラマの印象を引きずって「いつか裏切るんじゃないか」ってついついうがった見方をしちゃう。

日本のドラマでも『相棒』や『科捜研の女』と言った警察モノが好きだから、どうしてもそっち系を見ちゃうんだよね。

日本のドラマと違って、犯人があっさり射殺されちゃったり、いかにもアメリカらしいなって展開もあったりするんだけど、それはそれで面白さでもあったりします。

日本の警察モノとちょっと違って、ほんのり恋愛モノの要素が加わったり、ただ、事件発生ー推理ー解決とは違う展開があるのが海外ドラマの面白さ。
もしまだ見てないって人はぜひオススメですよ。
posted by かに at 22:34| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする