2017年07月10日

夏季大会観戦!

やって来ました、高校野球の夏。
今年も行って来ました、まーぼ高校の試合観戦です。

対戦相手は春季大会でベスド16に入ったDシードのB高校。
プロ注目の最速146kmの速球を誇る本格派右腕を擁している。

かたやまーぼ高校にも去年の夏からエースナンバーを背負うキレで勝負する左腕のY君がいる。

おそらくロースコアの争いになるだろうと予想してたんだけど、やはりその通りの展開になりました。

初回に相手がタイムリーで先制すると、まーぼ高校も2回に犠牲フライで同点に。

4回にポテンヒットで勝ち越されるも、7回にまたも犠牲フライで同点に追いつく。

7回終了時点でヒット数はほぼ一緒。
やはり予想通り、好投手による投手戦。
我慢比べとなりました。

9回裏には二死3塁のサヨナラのピンチでしたが、ここをセカンドゴロに抑えて延長戦に突入しました。

試合後にネットで読んだ記事によると、相手エース君はこの日最速は142kmだったらしいですが、後半はスタンドの私の目からも球速がガクンと落ちてるのが分かりました。

何せまだ梅雨の真っ只中なんだけど、最高気温34.5℃と言う猛烈な暑さ。
本来の球が行かないのは当たり前です。

そんなプロ注相手投手を攻めて10回表にチャンスを作りました。
二死ランナー無しからボテボテ内野安打など泥臭く溜めたランナー3人。二死満塁となりました。

ここで3番打者の打球はショート正面。
しかしこれがかなり強い打球だった事と、ランナーがちょっと目に入った事でショートが打球を弾いてしまう。

どんな形であれ得点は得点。
待望のこの試合初めての勝ち越し点を挙げました。

これでこの裏をしっかり抑えれば試合終了なんですが、ここからあまり見ないまさかの展開がありました。

この回の先頭打者の打ったファールチップが主審の足先に当たって主審が倒れ込んでしまう。
その後、復活した審判の元、プレーが再開され、とんとん拍子にアウトカウントを取り二死ランナー無し。

今度はチームメイトのレフト君の足がつってしまう。たぶん熱中症が原因だよね。
水分補給とコールドスプレーで事無きを得て試合再開。

でもやっぱり二度の中断が影響したのか、直後の打者をストレートの四球で出塁させてしまう。

そして迎えるバッターはエースで四番。相手投手君でした。
高校野球あるあるですかねー。なぜか最後の打者にチームの中心選手を迎えるってありますよね。
ダルビッシュしかり、マー君しかり。

彼には二打席目にレフトフェンス直撃のツーベースヒットを打たれてる。
長打が出ればピンチが広がり、一発打たれれば逆転サヨナラ。そんなキビシイ状況でしたが、ライトフライに抑えてゲームセット。

プロ注目投手を要するシード校を破ったって事で、またまーぼ高校の評判が上がった気がする。
嬉しい限りです。

ちなみに勝ち上がって行くと5回戦で去年と同じく浦和学院に当たる。
なんとかそこまで勝ち上がって欲しいなー。






posted by かに at 22:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | まーぼコーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする