2016年10月10日

ファイナルへ

チーム初のクライマックスシリーズは、それに相応しいと言える素晴らしい戦いでした。

三戦共にどちらが勝利してもおかしくない、最後の最後まで分からない接戦でした。

この素晴らしい戦いを見せてくれた両チームの選手に大きな拍手と感謝を贈りたいと思います。

ルーキーに正捕手を奪われ、ほとんど一軍に上がる事が無かった嶺井が試合を決める一打を打った。
二軍にいても上で勝負するんだ、と言う気持ちを失わなかった嶺井の努力が実った一打でした。

この試合、巨人はらしくないミスが目立った。
やはりこういうギリギリの試合ではミスが致命傷になりますね。

明後日からすぐにファイナルステージが始まる。
投手陣のやりくりや、選手達の疲労など、厳しい条件はあるけれど、それを補って余りある経験をしたと思うし、自信を得たと思う。

思い切ってチャンピオンチームにぶつかって行って欲しいと思います。
posted by かに at 22:18| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする