2016年03月31日

桜を愛でる

今日の昼間。
近所に桜を見に行きました。

昨年春、建設前の我が家の土地を見に行く時に見かけた川沿いの桜。
引っ越したら絶対見に行きたいねって言ってたのがようやく現実になりました。

94861E21-712A-4C59-9D6E-00575B287F9C.jpg

まだ満開ではなかったけど、ずいぶん多くの人で賑わってました。

中にはシートに広げてコンビニ弁当を食べてる人もいましたが、なーにが楽しいんでしょうかね〜。

神奈川の方では自分たちの花見会場として公園の大半にブルーシートを敷き詰めたのを晒され、大炎上しちゃった、何て事もあったみたいですね。
サラリーマンの方ってそんなに花見が好きなんですかね。

私も10数年前に職場の近くの神社で花見をした事がありますが、ただ寒いばかりでなんも楽しくなかったんですよねー。

桜を愛でると言う気持ちはすごく分かるし、私もこの季節が大好きです。普段ならなんでも無い光景がこの季節だけ華やぐんですよね。
それだけにただやかましく騒ぐだけの花見の習慣は無くなって欲しいなー。

気象庁が東京の満開を宣言したみたいだけど、近所の桜の満開はまだもう少し先。
もうちょっとだけ桜咲く街の風景を楽しみたいですね。
posted by かに at 23:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

頑張れ三年生

昨年夏、日本選手権で4位という好成績で楽しませてくれた三年生立ちもいよいよ我がチームを巣立っていく時期になりました。

我がチームでは選手権が終わると中学野球は引退となり、三年生と言う呼称は下の学年に引き継がれ、彼らは○期生と言う学年の呼び名がない状態になります。

中学校も卒業してもう呼ばれることはないだろうけど、今日くらいは三年生って呼称で呼んじゃおう。

テレビや雑誌などで多数取り上げられたM君を筆頭に個性的な選手が揃ったこの学年。
全国制覇をするなら彼らだろう、そんな期待が高まっていた昨年春。
選抜大会での初戦負け、続く春季関東大会も二回戦負けと大きなつまずきがありました。

しかしそのつまずきが彼らをより逞しくしてくれたと思います。

選手権を決める夏季関東大会は一戦ごとに力強さを増していき、強豪を次々撃破し、見事2年ぶりの選手権を決めてくれましたか。

選手権では二回戦で神奈川の強豪との競り合いを制し、3回戦では青森の強豪を最終回の逆転で勝利。
勝ち上がる時には必ず劇的な試合があるものですが、本当に素晴らしい戦いを見せてもらいました。

そんな三年生達、全員の進路が決まりました。
注目のM君は神奈川の強豪高校へ。他にも北海道、福島、山梨の甲子園出場経験のある高校に決まった選手もいます。
巣立って行った選手の活躍は私にとってもこの上ない喜びですが、甲子園に行く行かないとか関係なく、思い切って三年間を過ごして欲しいです。

そしてたまには河川敷に遊びに来て欲しいですね。
posted by かに at 21:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

悔しい3位

先日の三連休。
支部大会の準決勝が行われました。

共にここまで全試合で二桁得点を取っているチーム同士の対決。
打ち合いになるか、はたまた投手陣が奮闘するか、私も全く予想ができなかったです。

結果は後者。
試合は1対2と悔しい敗戦でしたが、相手監督も舌を巻くほど投手を含めたディフェンス面の充実ぶりを見せてくれました。

しかし敗戦は敗戦。
競った試合こそ勝たなければ悔しさがつのりますからね。

秋を思えば素晴らしい成長を感じさせる試合を見せてくれた支部大会でしたから、このまま気持ちを切らさず関東大会に向かっていって欲しいです。
posted by かに at 12:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

この道は

新居に越してもうすぐ三ヶ月。

今の生活スタイルにもだんだん慣れてきました。
ただ、まだ模索中の事がありまして。
それは通勤での道選びです。

2つ奥の市に越した訳なんですが、多くの場合の仕事現場である都内に行くためにはどうしても以前住んでいた市内を通る事になります。

そこからの道選びに関しては多くの選択肢を持ってるし、ある程度時間を読める様になったけどそこまでの道のりがまだまだ模索中なんだよね。

当初使っていた道は距離は短いんだけど、トラックの利用の多い道で、必然的にノロノロ運転になる事が多かったりする。

昼夜はそうでもないけど、朝なんかは大渋滞になったりすることもある。

そんな訳で見つけた裏道。
実はその道、息子が中学生の頃に時々走った事がある道だったんだよね。

それは野球用具を積んだトラックを河川敷に運ぶためのルートだったんです。
うちはトラック当番ってのがあって、親父が順番にそのトラックをグランドに持っていくんです。

その時に使っていたルートを、今、まさに大渋滞回避のためにちょくちょく利用してるんです。

当時はこんな形でこの道を使うなんて考えもしなかったなー。

この道は〜いつか、来たみ〜ち〜。

だね。
posted by かに at 16:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

関東へ

秋には届かなかった関東大会へのキップ、春は掴み取る事が出来ました!

二回戦で同じブロックの強敵を撃破し、勢いに乗って臨んだ三回戦。
相手は登録選手数が12人という人数の少ないチーム。
しかしそれがチームの強弱に直接関係する訳じゃないって事は知ってます。
息子の高校野球部も部員数が少ないチームでしたからね。少ないチームは少ないながらも工夫してやっているチームはある。
実際に三回戦まで勝ち上がってきてる訳ですからね。

試合が開始してみたら、案の定甘く見られる様な相手ではありませんでした。
初回、ノーアウト二塁のチャンスを作ったのだが、後続を抑え込まれて得点出来ず。
ここぞと言う所で力いっぱい投げ込むストレートにバットが空を切ってました。

2回、相手投手を攻め立て1アウト2、3塁のチャンスに内野ゴロで1点を先制しました。
しかしさらに突き放す点が取れない。
3回もチャンスはあるもののあと1本が出ない。

そうこうする中でこちらの得点と同じく内野ゴロで1点を奪われてしまった。

なかなか点が奪えない中で同点にされ、危機感が芽生えてもおかしくないんだけど、不思議と俺自身はそれほど危機感がなかったんだよね。
それは選手達の表情に自信がみなぎっていたってこともあるんだけど、こういう力投型の投手って後半に必ずガクって来ちゃう瞬間があるって分かってたんだよね。

その時は思ったよりも早く来ました。
同点とされたその裏、先頭打者にはっきりとしたボールでフォアボール。

そこから怒涛の攻撃で3得点。
続く5回も足を使って1点追加。
点差が開いて気落ちしている投手をさらに攻め立て、ビュンビュン走る。秋にはほとんど使えなかった足を生かしてどんどん次の塁へ。

そしてトドメは待ちに待った四番のホームラン。
練習ではデカイ当たりを連発してた選手なんだけど、気持ちが優しいからか、なかなか試合で結果が出せなかったんだけど、四番固定で勝って行ってる中で自信を深めて本来の力強いスイングが試合でも出る様になったみたい。

秋には四番だった選手を六番に下げるほどの分厚い打線が出来て、例え得点されても全く慌てる事が無くなった。

蓋を開けてみればこの試合も6回コールド勝ち。
ベスト4に入って関東大会への出場権を獲得しました。
走攻守全てを叩き直したチームが、自信を持って関東大会へと出場します。

でもその前に、支部での優勝を賭けて準決勝を争います。
相手はうち以上の強力打線。
しかも相当のスピード投手を擁してるとか。
果たしてどんな試合が出来るのか、楽しみで仕方がないです。




posted by かに at 10:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

四人目

開幕まであとわずかと言うこの時期にまたもプロ野球にとってマイナスとなる出来事がありました。

もしかしたらあるかもしれないと懸念していた、野球賭博四人目の存在が明るみになりました。

一プロ野球ファンとして非常に残念です。
アンチ巨人の私ですが、野球ファンで無い人から、私が応援するチームにもいるんじゃない?と聞かれたら、絶対に無いと断言出来ない根深さがある様に思います。

所詮は任意の調査。
自己申告がなければなかなか真実を掴めない。
今回、またも文春がきっかけの事の様ですが、事態を見る限り、笠原元投手、もしくは「笠原さんと野球賭博をやってる人」が文春サイドに名前を漏らしたとしか思えません。
それが取材活動なのか、ネタとして提供さらたのかは分からないけど、そこに踏み込んでるところが流石だな、と、一マスコミ人として思いますね。

話が逸れましたね。
今後、笠原元投手、笠原さんと野球賭博をやってる人、そして今回の高木京介投手の口から、5人目、6人目の存在が明るみに出ないとも限りません。

もしいるならば、と言う事です。

しかしこれだけ時間が開いてから四人目が出たのだから、いないと誰も断定できないと思うんです。
もちろん他球団も含めて。

自分達はプロ野球選手ではなくなったけど、あいつはなんで華々しく活躍してるんだ、あいつもやってたのに、と、ならないと誰が言えるでしょう。

そんな疑念を持たせてしまった責任、巨人は重い十字架として背負わなければいけないでしょう。
他球団のファンからこの件で野次られる事もあるかもしれません。お前もやってるんじゃねえかとかね。

私はこの件で名前が出た四人が野球賭博をしていた事、それ風の事を喋っている事を、周りの巨人選手で見聞きしていた選手がいると思ってます。
全く知られず、察せられる事無くいたとは思いません。

清原元選手のクスリによる奇行はポロポロとあちこちから出ています。
同じ様に本当ならすでに処分された3人についても話題があるはずなんです。
その過程でさらなる選手の名前が挙がる事もあるだろう、そう考えてましたが、報道はさして拡散する事無く、あっさりと収束していたと感じていました。

昨日、当の高木京介投手が会見を開きました。
愛甲猛さんもtwitterで書いていましたが、なぜ高木投手に限って会見を開いたのか。
球団側が一人も同席しなかったのは何故なのか。
違和感を感じました。
膿を出しきるより、事を早く収束させたいと言う事が優先されてる様に感じます。

プロ野球界は派手な世界です。
他スポーツより注目されますから。
そういう世界には必ず反社会的勢力が近づいてきます。
これからはこういう事態が起こらない事、それだけを切に願います。

posted by かに at 09:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

二回戦突破!

始まった春季大会。
先日の日曜日は二回戦でした。

相手は同じブロックのライバルチーム。
絶対に負けたく無い相手を前に、選手達はやってくれました。

前戦に引き続き、1回から打線が爆発。
強烈な打球で相手ミスを誘ってランナーを貯めてドカンと長打で大量点。
一気に6点を取って主導権を握り、そのまま追いつかれること無くコツコツと得点を重ね、終わってみれば16得点。
相手を4点に抑えて6回コールドで勝利しました。

ここ数年、やられる事が多かった相手をギッタンギッタンにしての勝利は正直すごく気持ち良かったです。

次週の試合に勝利すれば関東大会への出場権を獲得出来ます。
ここ2試合、打線が活発だから、このまま好調を維持して欲しいね。
スッキリ勝って関東へ。きっとやってくれる、そう思ってます。

posted by かに at 23:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

春、一歩

先日の日曜日。
まだまだ寒いけど春季大会がスタートしました。

相手は何故か初戦で当たる事が多いチーム。
一度はやられた事もあり、その記憶が頭の中にイヤーな感じで残ってるんだよね〜。

秋の悔しさを晴らすためにはこの春が大事。
その中でもやっぱり初戦の大事さは格別。
どんなチームも初戦は緊張しますからね。

しかし選手はそんな心配を一気に吹き飛ばしてくれました。

初回、あっさり先制するとそのまま一気に5得点。
2回はホームラン含めて4得点。

相手ミスがあっての得点ではあったけど、それを導くくらいしっかりとバットを振れてるってのが良かったかな。

でもまだまだ。
もっともっと勝っていかないと。
秋の借りを晴らすためにね。

posted by かに at 21:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする