2015年10月21日

期待と不安

明日はドラフト会議です。

今年の注目は、我がチーム出身の慶応大学、谷田成吾君です。

最近の報道からすると、一位指名は各球団投手の様ですね。
野手である谷田君が一位指名されるとしたらハズレ一位くらいかもしれませんね。

以前もちょっと書きましたが、以前から谷田獲得に熱心だと言われるのが巨人です。
次期監督候補に同じ慶応大学出身の高橋由伸に一本化したという情勢から考えても、もしかしたら濃厚なのかもしれないですね。

気になるのは今日事態が発展した野球賭博問題。
現時点で投手3人の名前が上がっています。
まだ野手の名前は上がってませんが、今後上がらないとも限らない状況だと思います。

正直言ってこの事態は栄光の巨人軍の歴史で最大級と言えるくらいの悪しき事件です。

その様な状況で巨人がドラフト会議に参加すること自体、どうなのかという疑問があります。
そしてもし、谷田君が巨人の指名を受けたとしたら、本人、親がどの様な気持ちを受けるかという事を考えると複雑な心境です。

私は雑誌媒体で働いていますから、プロ野球選手にどんな誘惑があるのか、少なからず知っています。

そしてその中でも巨人ブランドと言うのは絶大です。
他のチームの2軍選手と巨人の2軍選手とでは環境がかなり違います。
選手の周りには今回の賭博事件でA氏と呼ばれている様な、巨人ブランドに身を包む選手から何かを得ようとする様な輩がうじゃうじゃといるんです。

そうした輩から持ち上げられ、もてはやされて、勘違いしてしまう2軍選手と言うのは珍しくないんです。
恵まれた境遇がゆえに、2軍であっても巨人軍選手である事に満足してしまう選手というのは珍しくないんです。

今回、こうした事件があって2軍の環境がどう変わるのか。
それは分かりません。

2軍の試合は昼間に行われます。
毎日日没頃には練習が終わります。
夜に自主的な練習をするかどうかは本人の問題で、そこで練習する事を選ばず、暇を持て余して酒やパチンコなどで余暇を過ごす選手がかなりいるのも事実です。残念ながらどの球団であってもそうした意識の低い選手がいてしまうのはやはり2軍なんですよね。

谷田君が実際にどの球団に入るにせよ、1日も早く一軍選手に囲まれる状況になって欲しい。

彼はすごく真面目な男です。
だからこそくだらない誘惑からしっかりと身を守って欲しい。

彼に期待するからこそ、不安なくプロの世界に飛び込んで欲しいですね。



posted by かに at 22:25| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする