2015年06月22日

力負け

いよいよ全国大会まであと1勝というところまで来た夏季大会ですが、結果から先に書きますと、力負けの惜敗でした。

相手は南関東の強豪チーム。1回戦から4回戦まで1点も取られていないと言うすごい勝ち方をしている相手です。

そんな相手だけに絶対に先制点を与えたくないところでしたが、四球で出たランナーをパスボールで返してしまった。
しかしこのパスボール。打者はフルスイング、捕手が弾いてボールが転々としている間に走者がホームインしたんだけどね。
その瞬間、主審はファールとジャッジしたんだよね。
それ見たらキャッチャーだって一歩目が出遅れちゃうよね。
ところがランナーがホームインした後「ボールが(主審の顔に)ダイレクトに当たったので間違えてしまいました。すいません。」だって。
すいませんって言われてもねー。
俺もその瞬間、ファールチップなんだって思っちゃったし、入った得点は覆らないしさ。

とにかくそんな思わぬ形で入った得点に同様したのか、その後連打でもう1点を失い2失点。
まだ初回ではありますが痛い失点となってしまいました。

その後、ヒット、牽制悪送球で二塁に進まれタイムリーで失点。
3点差と言う厳しい展開になってしまいました。

しかし我がチームはワンチャンスをモノにする集中力があります。
そしてこの試合でもその場面が6回にやって来ました。

上位陣の連打で1死1、2塁とチャンスを作り、まずは四番のタイムリーで1点。
打席にはこの大会ラッキーボーイ的存在のTくん。
カウント2-3でしぶとく粘っていたんですが、最後の最後でアウトローに絶妙なスライダー。Tくんのバットが空を切り2アウト。

それでもまだチャンスは続き、打席のキャプテンもカウント2-3まで粘るも、最後の最後でアウトローにバシッとストレート。

悔しいけどあのピッチングをされたら相手を褒めるしかないです。
私の目から見てもそれくらい素晴らしい2球でした。

その後、最終回にもランナーこそ出るものの後続が続けず惜敗となってしまいました。

M君も素晴らしいピッチングをしていましたが、わずかなミスが命取りになってしまった形です。
ここまで勝ち上がれば相手はミスを見逃してくれませんからね。
悔しいですが、納得せざるを得ない敗戦でした。

しかしここまで勝ち上がってきたおかげて、あと一回だけチャンスがあります。
敗者復活戦です。

関東連盟からの出場枠は12枠。
先日の試合で8チーム決まりましたから、残るは4チーム。
この日敗れたチームでの敗者復活戦になります。

しっかりと切り替えて次の試合に臨めるか。
そこがカギになるでしょう。

春から考えれば、格段に成長している我がチーム。
それは厳しい公式戦を戦っているからこそだと思います。

さらなる成長のためにも絶対に選手権出場を勝ち取って欲しい。
相手だって死に物狂いで臨んで来る。私達はそれを上回る気迫でぶつかっていかなきゃならないです。

このところ多忙で土曜日にグランドに顔を出せなかったんだけど、今週は何とか時間を作って選手達に声を掛けてあげたい。
とにかく今週末。正念場です。

posted by かに at 21:33| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする