2015年06月16日

ベスト16!

夏季関東大会もいよいよ4回戦。
シードチームとの対戦となりました。
相手は春の関東大会3位のチーム。
こちらは1回戦負けですから、挑戦者のつもりで挑むだけです。

初回表、四球のランナーが出るもそれ以上チャンスを広げられなかった我がチームに対し、相手はランナー2塁からタイムリーヒット。
いきなり1点のビハインドとなってしまいました。

前回は二桁得点を奪った自慢の打線でしたが、相手投手の素晴らしい投球で得点はおろか、チャンスを作ることもままならない。
そんな中でも相手は着実にチャンスを作り、攻め立てて来るがM君の力投で追加点を与えない。

そうして1点のビハインドで迎えた6回。
ようやくチャンスを掴みました。

相手ミスでノーアウトからランナーが出ると、打順は1番に回り送りバント。
ところがこれが3塁方向への小フライになってしまう。
あ〜〜!と思ったのも束の間。
力強くバント処理に突っ込んできたサードの頭をフラフラ〜っと越えていく。
そして打球はポーンと地面に落ちる。
まさかの出来事でノーアウト1、2塁。
同点、逆転もあり得る展開に、応援も俄然盛り上がりました。

ここで2番打者はもちろんバント。
ところがこのバントが思ったよりも転がらない。
すると相手捕手がすごい勢いでそれを拾うと、迷うことなく三塁へ。
間一髪アウトとなり、チャンスを広げることが出来なかった。

ここで打席は3番のM君。
相手投手ももちろん彼の力を分かっていて、打ち取りたいと力みが出たのでしょう。
ショートバウンドのワイルドピッチ。
結果、送りバントと同じ形となり1死2、3塁。
そしてこのチャンスに主砲がきっちりと答えてくれました。
タイムリーヒットで同点!

そして打席は四番のMU君。前の打席にはあわやセンターへの大飛球を打っている。
そんなMU君がまさかのスクイズバント!
これがバッチリ決まって2点目を奪って勝ち越し!!と、思ったのも束の間。
審判が突然動き出し、走者を戻し始めた。
え?!と思ったら、どうやらスクイズをする際に足が出ていた、と言う判定だった様でした。
応援席からでは真偽は分からんしね。

同点にはなったものの、このまま勝ち越せずに終わったら、この後必ずピンチがやって来る。
野球ってそういうもんですからね。
お互い小さいミスを繰り返しながら、得点は1対1。
次の打者の一打が勝敗を大きく左右する。

そう思って祈る様な気持ちで見ていた6番打者の打席。
ライトへ飛んだ打球は相手野手の頭を超え、外野を転々と転がっていく。
その間に走者二人が生還して2点を追加。
この回、初めて訪れたチャンスをものにして3点を奪いました。

こうなると後は相手の攻撃を押さえ込むのみ。
この日のM君の投球は凄みがありました。
初回に失点しましたが、ストレートは抜群に走ってたし、スライダーがキレキレ。
6回、7回の相手攻撃を完全にシャットアウト。

打者としてずっと中心でやって来たM君ですが、この大会初めて背番号1を背負いました。
そして投手として4試合すべて先発してきましたが、徐々にその内容が上がってきた様に思いました。

このチームに不足していたのが、絶対的エースの存在でした。
ここに来てM君がその存在になってくれました。
この状態で選手権への出場権を賭けた試合が出来るというのはすごく嬉しいし楽しみです。

あと1勝。
次の試合に勝利すれば日本選手権の出場権を獲得できます。
しかし対戦相手はオープン戦でガツンとやられちゃってるチーム。
この大会始まって4試合1点も奪われていないというチームです。
これ以上ない相手との対戦。とても楽しみです。

ぜひ応援をお願いします。
posted by かに at 00:36| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする