2015年05月14日

中日戦で感じた巨人・鈴木尚と言う武器

えらい長いタイトル付けてみました。

巨人・鈴木尚広と言う足のスペシャリストの話です。

アンチ巨人である私ですが、もはや職人と言っても良いくらいの走塁技術を持っている鈴木選手の事は、一プロ野球選手として認めております。

代走としてコールされるだけで歓声を浴びる選手なんてそうはいないですからね。

先日の巨人との3連戦、2戦目である5/9の試合でこの鈴木選手の足でやられましたね。
先頭寺内を死球で出すも、続く鈴木尚がセカンドゴロでアウトカウントを取るものの、ランナーは入れ替わって鈴木尚が一塁走者。
その鈴木が盗塁とワイルドピッチで一死三塁の場面からショートゴロの間に生還して勝ち越しの得点を奪われました。

チャンスがありながらなかなか2点目を奪えず、完封目前のドスコイ山口が最終回に同点とされ延長戦に突入。
巨人のストッパー澤村を打てずにいたベイスターズに対し、結果ノーヒットで勝ち越し点を奪った巨人。
やはり必殺の得点パターンを持つ巨人の凄みを感じました。
敵ながら「あの形で得点されたら仕方ない」と思ってしまいますから。
昔で言う川相のバントみたいなもんだね。

で、タイトルの話。
今日の中日戦の最終回。
今日は守護神山崎の状態がすごく悪かった。
結果的には抑えたけど、一つ間違えればと言うギリギリの勝利でした。

4対3と1点リードの最終回。
先頭のエルナンデスにいきなりヒットで同点のランナーを出してしまう。
この後、高橋周平は三振に切るが、明らかにボールが定まってなくて本来の山崎とはかけ離れてる事はよくわかりました。

続く代打小笠原は何とか打ち取りましたが、あわや逆転ホームランかと言う大きなライトフライ。
さらに次の代打福田には粘られて四球。
ツーアウトながら一、二塁となってしまいましたが、大島をサードゴロに抑えてゲームセット。
辛くも勝利しました。

で、私が感じたのは、エルナンデスがヒットで出た後、中日に鈴木尚広の様な代走のスペシャリストがいたら、かなりヤバかったと思ったんです。

すかさず盗塁してノーアウト二塁。高橋周平の三振でアウトを一個取るものの、小笠原のライトフライでタッチアップしてツーアウト三塁。
結果として四球とサードゴロでは得点にはなりませんが、ランナーが三塁にいるとなると、投手に掛かるプレッシャーは格段に違いますからね。

盗塁が出来るランナーが塁上にいれば、そうはさせじとリードが変わり、ヒットを打つ可能性が高くなる事も考えられる。

今日の中日戦では四球の福田に代走を出してたけど、俺はその前のエルナンデスに代走出された方がイヤでしたね。

ベイスターズも(捻挫で登録抹消してしまいましたが)梶谷と言う去年の盗塁王がいます。
しかし代走のスペシャリストと言えるほどの選手はいない。

夏を過ぎてしんどい試合が続いた時に、ノーヒットで得点を奪える様な代走のスペシャリストの存在が欲しいんですよねー。

まぁ、一朝一夕に作れる存在では無いですけどね。


posted by かに at 23:27| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳しいねぇ

昨日の夕飯の時の話し。

それはまーぼの高校の校則の話しでした。
まーぼの高校は元女子校って事もあって、かなり校則が厳しいそうです。

今時、高校生と言えば携帯電話を持ってるのは当たり前。
友人との連絡はLineで取り、放課後にはマクドナルドなどで楽しくおしゃべり。

って思いますよね。
しかしまーぼの高校ではこれらの事がぜーんぶダメなんだって。

信じられます?

携帯電話が禁止なんです。
学校への持ち込みが禁止じゃないですよ。そもそもが所有する事自体が禁止なんですって。
どうしてもって場合はキッズ携帯だけは許されてるんだとか。(笑)

さすがは歴史の古い、県内屈指の女子校だっただけあります。
たぶん共学になる前からこの校則は変わってないんでしょうね。

携帯電話を所有しちゃいけないんですから、当然ながらLineなんてやってるはずがない。
もちろんあくまでも建前上、なんでしょうけどね。
もちろんまーぼだってそれは分かった上で、でもあくまでもやった事もないし、知らない前提になってる訳ですよ。

授業の際に「君達は知らないだろうけど、今の世の中にはLineってのがあってね。。」なんて話しをすると、もうドッカンドッカン笑いを取れるらしい。早くも鉄板ネタが出来たのね。(笑)

そんな校則の厳しい学校ですが、生徒では無いまーぼは影響がない様に思うでしょう。
でもね、実は着任早々ちょっとだけその影響を受けた事があるんです。

着任したばかりの頃、髪を整髪料でビッチリ固めてたんです。
少しでも大人っぽく見せたいってところもあったのかもしれませんね。
ところが、数日経った頃、職員室で隣に座ってる先生から、
「生徒達にも禁止している手前、整髪料は付けない方が良いですよ」
とアドバイスしてくれたらしい。
と、コソッと教えてもらったそうです。

まさかの校則が教師にも影響しちゃうんですねぇ。

整髪料を付けてるからって、家から駅までは自転車で行ってました。
原チャリだとヘルメットをかぶらなきゃいけないからさ。
まぁ整髪料を付けなくなった今では普通に原チャリで行ってますけどね。

私も奧さんもかなりざっくりとした高校の出身なんで、まーぼの高校の厳しさにちょっと衝撃でした。

そんなこんなで団欒は盛り上がったわけですよ。
posted by かに at 03:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする