2014年11月26日

学生コーチ

我がチームには2人の学生コーチがいます。
一人は言うまでもなくまーぼ。
もう一人は2ヶ月ほど前からお手伝いしてくれている高校三年生のO君です。

O君はチームの史上最高成績、日本選手権準優勝という成績を上げた代のエース投手。
チームを卒団後はT高校に入学し甲子園を目指していました。
が、故障などがあり思うような結果を残すことは出来ませんでした。
たぶん彼にとって高校野球生活は不本意だったと思います。

だからこそ、自分が思うような野球が出来ていた河川敷に帰ってきたんだと思います。

彼は来年春から次のステージ、大学野球に挑戦します。
その準備のために自分の体を動かす事が目的なんだろう、私はそう思っていました。

ところが、彼はグランドで過ごす時間を今の選手たちとの会話、アドバイスに使っていました。

決して上手じゃないけど、自らの経験、感じた事を選手たちに伝えてくれました。

そうこうする内にいつの間にやら彼はコーチという立場で、一年生を見ることになっていました。

しかもやらさてる訳ではなく、自ら進んでやってくれています。
高校生である彼は朝早く自宅を出て、電車とバスを使ってグランドに来てくれます。
そして帰りもバスと電車を使って帰って行きます。

一度、駅まで送ろうかと提案したんですが、そうやって気遣われる事が苦手な彼は頑なに拒んで結局1人で帰って行きました。

中学時代の彼は自分のテリトリーをしっかりと持ったタイプ。
くせ者が多かった代の中で、例えば集合写真なんか撮っても、中心ではなく端っこでよそ見しちゃってる、ある意味投手らしい(良い意味で)勝手なタイプの子でした。

すごく回りくどい言い方をしちゃってますが、人に教えるって行動をするタイプとは思っていなかったんです。

しかし、今の彼を見てると、とても楽しそうだし、一年生投手達を見ることがすごくやりがいを感じている、そう思えるんです。

私は選手としての彼しか知らなかったけど、こんな面があるんだなーと、驚きを感じています。

まーぼは教えることが好きだし、話す事も嫌いじゃない。

O君とまーぼとは真逆のタイプ、そんな風に思ってたんだけど、でもなんか共通点があるんだよね。

その共通点の全てを理解する事はまだ出来ないけど、一つだけ確実に言えることがあります。

それは、ウチのチームが好きで、チームで過ごしてきた時間がとても意味のある大切なものだったんだ、ということです。

だからこそ、寒さが厳しくなってきた河川敷に早朝から日没までいられるんだよな。

二人共、来年春からは新たなステージが待ってる。

彼らが去った後、新たな学生コーチが生まれるかどうかは分からないけど、やれないか?と声を掛ける基準をもっともっと広げるべきかな、彼の存在がそんな事を考えさせてくれました。
posted by かに at 22:18| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする