2014年09月29日

たっぷりハマスタ

先日宣言した通り、28日の日曜日。横浜スタジアムに行って参りました。

日曜日にプロ野球観戦するなんていつ以来かなぁ〜?
しかもデーゲームってのは無いよねぇ。

2時試合開始なのに、球場に着いたのは12時半頃。
まだ巨人がバッティング練習している時間でした。
ちょっと気合い入りすぎ?(;^_^

この日の横浜は快晴。雲一つ無い、まさに野球日和でした。

DPP_17013.JPG

この日の先発はこの人。

DPP_17017.JPG

ミスターベイスターズ。番長こと三浦大輔投手です。
ずっとベイスターズを支えて来てくれた大エースですからね。
そりゃあもう大好きな投手ですよ。
今年で40歳。現役生活もあと何年だろうと考えると、巨人戦での番長の登板を見る機会なんて私にとってもそう多くないでしょうからね。

もうね。

DPP_17016.JPG

この背中を見るだけで感涙ですわ。

あ、最初にアップした写真の通り、今回の席はバックネット裏の高い位置って感じ。
1人観戦にはちょうどいい位置でした。内野のフォーメーションとか色々見られるしね。

そんなこんなで試合開始。
バックネット裏だからね。あまり大きな声で応援する人がいないから、私も遠慮気味で声を出してました。

3回にタイムリーを打たれ1点を失うも、5回に内野ゴロの間に1点を返して同点。
6回に桑原のソロホームランで逆転。
この辺からね、徐々に球場全体がヒートアップし始めました。

DPP_17014.JPG

番長が安定飛行に入ってたから、なんかね1塁側ライト側から「番長に勝ちを」って空気になってた気がする。
そんな中、8回に柳田がソロホームラン。
こうなると完全にベイスターズファンは「番長の完投が見たい!」ってモードですわ。

つづく黒羽根が倒れ1死ランナー無し。
完投ならバッターに番長が行くはず。「代打を送るなよ中畑!」そんな空気の中、バッターボックスに向かう背番号18番。
もう完全にヒートアップです。

そして9回表。
1アウトの後、打席には覚醒しかけている巨人の新4番(?)大田泰示。
レフト前ヒットで出塁すると迎えるのはアンダーソン。
もうね、イヤな予感しかしなかったんだけどさ、こういう時のイヤな予感って的中しちゃうんだよねぇ。
ライトスタンドに飛び込む2ランホームランで一気に同点。
番長ってさ、連続ホームラン打たれる傾向があるから怖いんだよなぁ、って思ったら、川村ピッチングコーチが出て来て交代だった。

そして9回裏。チャンスはありながらあと1本が出ず番長には勝ち星が付かず。
番長が下がった後は国吉、長田、加賀、ソトがピンチがありながらも無失点で切り抜けて11回の裏。
たぶん巨人もCSへのお試し期間として登板させたんだろうけどさ、青木ってピッチャーはどうもピシッと抑えてるイメージが無いんだよね。相手ファンとしてのイメージだけどさ。
案の定、筒香のヒットからバルディリスに四球。
ノーアウト1、2塁でバッターは梶谷。
バルさんにもバントのサインを出した中畑監督。当然梶谷にもバントのサイン。
しかし2球失敗してノーボール2ストライクになったにも関わらず、3球続けてボールでフルカウント。
こういうピッチングしてたら短期決戦では使ってもらえないよね、青木投手。
今シーズンはもう登板が無いんじゃないかな?
結局、もうボールを投げられないって状況になり、ストライクを取りに来たボールをレフトに運んでサヨナラ勝ち!

DPP_17018.JPG

DPP_17015.JPG

最後の花火もキレイに見えるくらい暗くなってるし。
この演出のために番長が打たれたんじゃない?ってくらい。

結局球場を出たのは6時過ぎ。
たっぷり6時間も居たんだねぇ。存分に堪能したって感じだよね。
終盤は席を立つのも勿体ないって思ってずっとトイレもガマンしてたから、ちょっと漏らしそうだった。(笑)

ともあれ、今シーズン最後の観戦を白星で飾る事が出来て良かった。
すごく楽しい一日でした。
posted by かに at 16:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする