2014年08月12日

有終の美

この週末。
私は例年通り新チームの合宿で長野に行っていたんですが、その時3年生が北海道で行われた大会に参加していました。
北海道、東北、関東、信越それぞれの連盟から推薦された32チームが出場する選抜大会への出場でした。

日本選手権を賭けた関東大会の敗戦から1ヶ月近く。
メンバー達はBチームが出場するローカル大会の応援が中心の日が続いていました。
もちろん練習はしていましたが、彼らのための試合は特に組まれておらず。
7月末に行われたローカル大会に参加しましたが、0封で初戦完敗。
その翌週に組まれたオープン戦でも同じく惨敗。

そんな訳で「せっかく北海道まで行くんだから1回くらいは勝って来いよ」くらいのスタンスでした。

ところがところが。

初日に行われた1回戦に4対0で勝利すると、翌日の2回戦は8対5で逆転勝ち。
さらに同じく二日目に行われた準々決勝で満を持してエースが登板。
相手エースとの投げ合いで7回まで0対0。
リトルシニアの規定では1試合で投げられるのは7回までと言う規定があるため、エースはここで降板。
しかし続く投手が延長8回の相手攻撃を0に抑えると、その裏にさよならタイムリーが飛び出して勝利。
最終日へと駒を進めました。

ちなみにこの二日目が日曜日。
台風11号があちこちで猛威を振るっていた頃でした。
私がいた合宿地、長野でもその影響から朝から強い雨が降ったり止んだりという天気。
心配されていたのはその台風の影響が最終日である翌月曜日の北海道で出ちゃうんじゃないか、という事でした。
翌月曜日には準決勝、決勝、そして表彰式まで予定されていて、それが終了した夕方には飛行機で帰京する予定になっていました。

しかしもし台風の影響で大会が順延となってしまえば、もちろんさらに1泊しなければいけなくなる。
おまけに乗る予定だった飛行機もキャンセルして取り直さなきゃいけない。
それでなくても夏休みのこの時期ですからね。そんな急な変更で無事取れるものなのか。
試合結果云々よりそちらの方が心配になっていました。

ところが幸いにも台風が離れていたせいか、試合が行われた札幌では影響が出ず。
無事準決勝が実施されました。

その結果、準決勝を6対1。決勝を7対1と危なげない戦いで制して優勝。
最後の最後の大会でこの代として初めての優勝を飾りました。
まさに有終の美。ですね。

こうなると当然ながらこの代のスライドDVD作りにも影響しますよねぇ。
写真は行っている父兄が提供してくれる事になっていますから、それを見てから考えますが、今決めている曲も変更になるかも知れませんねぇ。

まぁ、嬉しい悲鳴、ってとこですかね。
posted by かに at 19:23| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする