2014年05月08日

ザンネン

中村ノリさんがまたやらかしてくれたようですね。

昨年に引き続き「俺の打席の時は走るな」発言で懲罰降格。

打席に集中したいから走らせないで欲しいと言うノリさんの気持ちは分からなくはないが、選手をどう動かして得点をしていくかを決めるのは監督コーチの役目だからね。

昨日ノリさんはフェイスブックで心境を思いっきり吐露。「俺の打席の時は走らせないで欲しい」と『相談した』と書いていましたが、批判コメントが殺到したため、今日新たに反省の記事がアップされた。

フェイスブックでのコメント、スポナビブログなどを色々読みましたが、ノリさんに肯定的か否か、中畑監督高田GMに肯定的か否かで方向性が決まっていて、どちらの意見にも賛同出来る部分はあるけど、全面的に賛同と言う記事は皆無でしたね。

私個人はノリさんも中畑監督も高田GMもベイスターズを強くしたい、勝ちたいと言う気持ちを持ってやってくれてると言うことが伝わるから批判的にはなれないんだよね。

今回の事だって、お互いに『勝つために』と考えてのことなんだから。

でもね。

一番ザンネンなのはこう言う事が起こってしまった事。そして表に出てしまったこと。

お互い大人なんだから、じっくり話し合って解決策を模索して欲しかった。
その中でノリさんが椅子を蹴っ飛ばして席を立つなら懲罰降格も致し方無しだと思うけどね。

幸いこんな事があったにも関わらず今日は試合に勝利することが出来た。
これ、今日負けてたらベイスターズにとってとてつも無くデカイ負けになったと思う。ただの一敗では済まなかった気がします。

中畑DeNA初めての巨人戦勝ち越しという結果でしたが、それ以上に大きな大きな勝利だった様に思います。

もう少しガマンすればブランコも帰ってくる。黒羽根だって帰ってくる。
そうなった時がベイスターズの逆襲スタートです。

そしてしっかりと話し合ってやっぱりノリさんには戻って来て欲しい。
ベイスターズには絶対必要な戦力ですから。

posted by かに at 23:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする