2014年04月29日

逆転サヨナラ2ランホームラン

関東大会の話しの前に今日行われたブロック大会の話。

今日一日で準決勝と決勝、三位決定戦が行われました。
準決勝は追いつ追われつのシーソーゲームでしたが、勝ち越す事が出来ないでいた事が災いして同点の最終回に1点を奪われサヨナラ負け。

多くの選手が涙に暮れ、気持ちが落ちている事がはっきりと分かる状態でした。
このままじゃヤバイと思い、三位決定戦までの間に多くの選手と会話して気持ちの切り替えのお手伝いをしていました。

しかしそんなに簡単に気持ちというのは切り替わる事は出来ない。
そんな立ち上がりを攻められて初回にいきなり4失点。
3回にも1点を奪われ5点差になってしまいました。

しかしここから我がチームの逆襲が始まりました。
3回裏にタイムリーでまず1点。
4回にもタイムリーと相手ミスで2点を奪い2点差に。
5回には二死満塁から三振で得点出来ず、かと思ったら、まさかのボークで1点を奪う事が出来た。

じわじわと得点を重ねていって終盤にして1点差まで追い詰めた。
この流れで最終回を前に追い付きたかったんだけど、6回には得点出来ず。

1点差のまま最終回を迎えました。
しかもこの回の攻撃は1番から。絶好の打順。そして素晴らしい打球を打っていたけど、野手の正面に行ってしまい、あっという間に2アウト。
万事休す直前、3番バッターが四球を選んだ。
そして打席に向かったのは4番に座るキャプテン。
バッティングなら関東大会メンバーに入ってもおかしくない選手なんだけど、守備があまり得意でないことから、ブロック大会メンバーに回っていた。
ただキャプテンに抜擢され、4番に座った事で本来の打撃が良い方向に向かったのだろうね。
1回戦、2回戦でも良いバッティングをしてたし、準決勝でも6回に一時同点に持ち込むホームランを放っていた。

ベンチのコーチから「四球後だからファーストストライクをフルスイングしてこい」そう言われて送り出されたキャプテンはまさにその通りのフルスイングで完璧なバッティング。
ライトネットを越える逆転サヨナラ2ランホームランとなりました。
ベンチはもちろん応援席の父兄も大興奮。もちろん私もメチャクチャ興奮しました。

サヨナラ勝ちは多少経験してるけど、逆転サヨナラホームランって言うのは初めてですね。
普段から勝った試合の後は「勝利のコーラ」を飲んでいる私ですが、この日のコーラは格別でしたよ。
いや、ホント、抜群に美味かった〜!
posted by かに at 23:43| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする