2014年04月25日

芽が出た

E5AF4C29-9EA1-433D-800C-9EE028F3FD4C.jpg

ベランダの植物が芽を出しました。

これだけ見たら何の植物か分からないですよね。

実はこれ、ジャガイモの芽なんです。


今年は初めてジャガイモにチャレンジしてみました。
しかもいきなり難易度が高いヤツに挑戦です。

それは『インカのめざめ』ってジャガイモです。
その名の通り、南米アンデスが原産のジャガイモなんですが、これがね、すっげー美味いんですよ。
もし入手出来るチャンスがあったら絶対買ってみるべきってジャガイモです。

実は今年、知り合いからちょっとだけもらって食べたんだけどすごいんだよね。
どう調理するか、悩んだ結果、シチューにしたんだけどさ。
普通なら煮崩れちゃうジャガイモが全く煮崩れることなく食べる事が出来る。
だからって固いわけでなく、ちゃーんとホクホクしてる。
しかもイモの味が濃厚なの。
食べ終わった後で「あ〜じゃがバターにすれば良かった」と悔いたくらい。

でもね。
近所のスーパーでいつでも買えるってヤツじゃないんですよ。

そんな時に近所のホームセンターで種芋を見つけたんです。
売ってないなら作れば良い。私の基本です。
ただね〜。どうやら普通のジャガイモと比べても病気に弱く、育てるのが難しいんだって。
まぁ、ダメで元々。チャレンジしてみようかな、と育て始めたわけです。

と言う事で、まず芽が出るまで種芋を放置。
そして強そうな芽が出たものをチョイスしたら、芽が上になるように切断。
昔はこの切断面に灰を付けて乾燥させてたんだけどね。
(あ、昔って言っても学校で作ってた小学生時代ね)
でも最近は灰を使わず、乾燥させるのが主流なんだって。

と言う事でここでもまた数日放置。
切断面がしっかり乾いたところで土に埋めました。

もちろんジャガイモですから、土は深くしなきゃいけない。
埋めたジャガイモの下は30cm近くあるかもな。

そして先日。
写真のように芽が地表面に出て来た訳です。
一応、ネットであれこれ調べてここまでは到達しました。
ここからは強そうな芽だけをチョイスして間引く事。病気を防ぐ事が課題だな。

地中で起きてる事は防ぎようがないけど、せめて地表面で起きてる事は何とかしたいしね。
果たして本当にジャガイモが収穫出来るのか。
出来るとしてもどれくらいの量になるのか。まったく未知数です。
まぁ、楽しんで育てていくつもり。

もちろん今後、大好きなジェノバソースのためにバジルも植えるつもりだし。
またベランダがにぎやかになる季節になりましたよ。
posted by かに at 08:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする