2014年04月08日

前向きです

〜ベイスターズファンの戯れ言です。ご注意下さい〜

プロ野球も開幕して3カードが消化されました。
ベイスターズは雨の関係で2カードが2試合のみ。現時点で7試合行っています。
そして結果はと言えば2勝5敗。
残念ながら最下位と言う状態です。

開幕前の評判、期待度から言えば残念すぎる状況ではありますが、私自身はまだまだ悲観していません。

5敗の内、1点差負けが3試合あります。
接戦で負けるのは力がないから、と言う事は分かっています。
しかしまだまだベイスターズは本来のバッティングが出来ていない。
梶谷、ブランコ、筒香のクリーンナップが本来のバッティングをするようにならないと、やっぱり内海、マエケンクラスのピッチャーを打ち崩せませんよね。
個人的な予想では近い内、筒香とバルディリスの打順は変わってくるでしょうから、攻撃力は多少なりとも上がっていくはず。
ついでに言うと、現在2軍にいる中村ノリさん。
この人はここぞの場面での代打で絶対必要だと思う。
ノリさんが上がってくれば、僅差負けの試合がもうちょっと拾えると思うんだよね。

そうなると課題の投手力です。
他チームファンからすれば相変わらずと思っているでしょうが、ここまで7試合で先発投手が大きく失点したのは開幕戦の三嶋のみ。

2戦目の井納は3失点。
3戦目の久保が1失点。
4戦目の尚成が3失点。
5戦目の三浦が1失点。
6戦目の井納が6失点。
7戦目のモスコーソが1失点。

6戦目の井納がかなり失点してますが、大差を最終回に2失点してるので実質的には4失点くらいかなと考えてます。

こうして見ると、先発の役割はほぼ果たせてると思います。(三嶋以外)
まぁ、4戦目の尚成の3失点はホームラン3連発ですから相手に勢いを付けさせたと言う事であまり良い降板の仕方ではなかったけどね。

ともかく5戦中3敗は投手力ではなく、厳しい試合で1点を取りに行く野球が出来なかった事が原因。
残る2敗は先発が大崩れした開幕戦と、詰めの部分で大きなミスをした巨人戦ですね。

と言う訳で順位や負け数ほど精神的なダメージが無いんですよ、現時点で。
とにかく久保、尚成、モスコーソという新戦力3人がかなり行けそうだという手応えを感じられたし、番長も何だかんだ言って調子を上げてきたって感じられたし。

長いシーズンを考えれば、先発が機能しそうだと言う手応えはファンにとっては非常に大きい。
これまでのシーズンでは5回までに試合が決まっちゃうってのが結構あったからね。

まぁ、どすこい山口のノミの心臓とか、守護神ソーサのコントロールとか、不安要素はあるけど先発のコマが揃ったという喜びから比べたら小さいもんです。

まずは今日から始まる阪神戦。
ベイスターズは久保、阪神は藤浪ですね。
久保には前回と同じ様なピッチングを期待します。
打線の方も藤浪君は去年ほど良くないというあちこちからの声を信じて、打線の爆発に期待します。
そしてまずは今シーズン初の連勝、ここに期待です。

まだまだ首位巨人、2位広島以外は本調子ではない感じですから、ここから抜け出して広島に食らいつかないと。
で、いつまでもマエケンに舐められない様に。
ベイスターズ戦で星を稼ごうというローテを組む広島首脳陣をギャフンと言わせないとね。
(数字的裏付けがある訳じゃないけど、昨シーズンはそんな印象が強いんだよね)

んでもって、もちろん巨人戦だよね。
今年の巨人ははっきり言って恐ろしいです。去年以上に強い気がします。
両外国人の調子が下降してくれるまでは手が付けられない気がします。
そうするためにも各チームエース級をどんどんぶち当てないといけないです。
このままでは夏前に独走状態になっちゃうよ。5球団でなんとかしないといけないです。

そのためにもベイスターズは頑張らないといけないです。
あー、山口の代わりに拓郎を上げてくれないかなぁ。

すっかり希望のみのエントリーになっちゃった。(;^_^A
まぁ、ベイスターズファンの戯れ言ですからさらっと流しちゃって下さい。m(_ _)m
posted by かに at 02:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする