2013年07月22日

選手名簿 各県でこんなにちがう

昨日の日曜日。
八王子まで遠征して西東京大会を観戦してきました。

会場に行ったんですから、もちろん選手名簿を買いましたよ。
これで東京、神奈川、埼玉と3都県の名簿が揃いました。

でね。
3冊も揃うと、息子が所属している地域だけを見ているだけでは気付かないものもあるんだよね。

まずこの3冊の一番の違い。

IMG_2681.jpg

見ての通り、厚さが全然違います。
左から東京、神奈川、埼玉です。
一番薄い埼玉は一番分厚い神奈川の半分くらいの厚さしかない。
この違いは大きいよね。

出場校の数は大して違わないのにこれだけ厚さが違う一番の原因はこれです。

IMG_2682.jpg

神奈川の選手名簿には全チームの写真、そしてチーム紹介が載っています。
2ページで3チームが紹介されています。
チーム紹介では投手力、守備力、攻撃力、総評(学校紹介など)と4つに分かれてしっかり書かれています。
書くのはたぶん顧問なんだろうけど、選手にとってはこの上ない記念になるよね。
素晴らしい名簿だと思いました。

かたや我が県、埼玉。

IMG_2684.jpg

見ての通り、1ページに6チーム。
チームとしての抱負も特色も何も分からない。無味乾燥なパンフレットです。
神奈川が選手名簿に127ページ使っているのに対し、埼玉はわずか26ページ。
味も素っ気もありません。
名簿前半には去年の大会を振り返る記事が載ってるんだけど、それが名簿よりページ数が多いっておかしくない?今年の選手、父兄のための名簿なのにね。

その中間となるのが東京ですかね。

IMG_2683.jpg

1ページに2校。
キャプテンやマネージャーによる抱負や過去3年の戦績も載っています。
東西の全チームが載りますから、これ以上スペースを使ったらとんでもない分厚さになってしまう。
その点はうなずけます。


我々高校野球ファンは作られた物を買うだけですから、あれこれ文句も言えません。
こういうものって作るのは大変だって事も十分分かってます。
しかしファンがこの名簿を買って一番見たいのはやっぱり名簿なんです。
そこが充実してこそ、価値があると思うんです。

埼玉県大会の開会式、良い開会式だと思うんです。(少なくとも東京都比べたらね)
でもパンフレットがこれじゃあ興醒めです。
高野連の人にとっては毎年行う大会なんだろうけど、選手、父兄にとっては唯一無二の大切な舞台なんだよね。
ぜひ一考して欲しいなと埼玉県人として切に思います。
posted by かに at 17:13| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする