2013年06月01日

個性か、親のエゴか

先日、近所のダ◎エーで買い物している時の事。

小学4〜5年生くらいの女の子が私の目の前を通過しました。
その瞬間、ビクッと面食らって立ち止まっちゃいました。

なぜならその女の子の髪がまっキンキンの金髪だったから。
近くにいた母親はどこからどう見ても純粋な日本人に見える。(じゃないにしてもどう見てもアジアの人)
あ、でももしかしたら父親が金髪の国の人なのかな?
と、思ったら・・・・父親も間違いなくガッツリ日本人顔でした。
顔はね。


ただね・・・


髪はまっキンキンでした。


その瞬間「こういう事か〜」って思っちゃった。

親がどんな髪型にしようが、どんな髪色にしようが自由だけどさ。
小学生が金髪ってどうなのよ。
きっと親は「個性」って言うんだろうね。
でもそれって本当に「個性」なのかね。ただ単なる「親のエゴ」なんじゃないの?
子供の学校が私立なのか、区立なのか分からないけど、どうなんでしょうね。
クラスにこんな子がいたら、ちょっと引くよなぁ。

どうなんだろうなぁ〜。
posted by かに at 23:08| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする