2013年05月24日

投手 大谷翔平 デビュー

日本ハムの大谷翔平投手が1軍デビューを果たした。

仕事の関係で2回のタイムリーを打たれた場面までギリギリ見ることが出来ました。

1回のピッチングは150km台連発で「さすが」と言わせる様なピッチングでした。
アブちゃんの素早い動きもあってランナーの生還を許さなかったしね。

しかしタイムリーを打たれた球は、150kmのベルト付近のストレート。
コースがこれだけ甘ければ、下位打線の打者であってもしっかりと打ち返せるんだよね。
それがプロ野球という世界なんだよね。
正直打たれた球は球速ほどの勢いを感じませんでしたしね。
まさかコントロール重視で置きに行った球?
置きに行って150kmっての驚きだけどね。

元々あまり感情を表に出すタイプじゃないからだろうけど、がむしゃらに打者と勝負してるって感じに見えなかったな。

このままで成長すれば松坂大輔やダルビッシュの様になる可能性も充分あるけど、ただの速い球を投げるけど勝てない投手になってしまう可能性もある。
もちろん前者になって欲しいですけどね。

投手としても打者としても十分すぎるほど魅力がある選手。
なんたってまだ高卒1年目のルーキーなんだからね。これからも成長を見続けて行きたいですね。
スポーツサイトの記事を読むと、ベテランライターがしたり顔で「やはり二刀流は無理」と書き、評論家の多くが「出来るわけが無い」と言い、ノムさんに至っては「成功しなければいい」とまで言ってる。
もしかしたら投手として20勝して、尚且つ打者として3割(規定打席の関係はあるけど)30本出来るスーパースターに育つかもしれないのに、それを歓迎しない関係者がいることが情けない。
結論を出すのは早すぎでしょ。
まだ18歳の若者なんだから。可能性を信じて見守りたいじゃない。
投手としてダメな点があるのは当たり前でしょ。
いきなり完成してたらそれこそおかしいでしょ。

ちなみに。
ケーブルテレビの中継で聞いた話では。

球場入りする際、拳士や中島、西川選手と一緒の車で来たそうです。
その時、中島が大谷の登場曲を掛け、拳士がそれをでかい声で歌いまくり、笑顔で球場入りしたんだそうです。
拳士らしいと言えばあまりに拳士らしい応援の仕方ですね。
大谷選手があれだけリラックスしてたのは拳士の歌に秘密があった、のかも。(^^
posted by かに at 09:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする