2013年03月19日

プエルトリコ戦で思うこと

侍ジャパンの3連覇への挑戦は準決勝敗退という結果で終わりました。
色々と思うところがあるので、つらつらと書いちゃいます。
一野球ファンの戯れ言ですから、そう思って読んでもらえればと思います。

さて。

ネットでは8回のダブルスチールでの内川の飛び出しについて、色々言われていますね。
そして試合後に山本浩二監督に話した「行けたら行くというサインだった」と言う話。
『責任を選手に押しつけるのか』とか『サインプレーはベンチがきちんと指示すべき』と『4番の打席なんだからダブルスチールなんてありえない』とか色々言われてますね。

私はあの場面の「行けたら行く」と言うサインはアリだと思ってます。

まず大前提が打者が阿部だったと言う事。
もし引っ張ってセカンドゴロだった場合、阿部の足ではダブルプレーになる可能性が非常に高い。
(実際打った打球はセカンドゴロでした)

あの場面で一番最悪の結果はダブルプレーでチェンジというものだったでしょう。
それを防ぐことが出来るとしたら、盗塁でランナーを2、3塁に進めること。
さすがに4番にヒットエンドランは無いでしょうしね。

実際にダブルスチールをしたらキャッチャーは100%3塁に投げて来ると思う。
2塁に投げる可能性が無いとは言えないけど、打席にいるのが左打者ですしね。
そして相手は世界一のキャッチャーと言われる強肩モリーナ。
セーフになるためには投手のセットポジションをしっかり見極める必要がある。
スタートするタイミングもものすごくシビアなものになるでしょう。
その瞬間の判断はベンチでは出来ない。
もし「このカウントでゴー」なんてサインが出てたとしてもそれではセーフになれるかどうか分からない。
3盗って100%セーフになる自信が無ければやっちゃいけない。
ましてやあの場面ですからね。
それを判断出来るのは実際に3塁に向かう選手、井端しかいないですよね。

その辺の話をしたのがこの場面だったんでしょう。

IMG_2141

「行けたら行く」と言うのは、「井端が行けると思ったら行って良いぞ」と言う信頼のサインだった、そう解釈しています。
トッププロの集団である日本代表だからこそ出来たスゴイハイレベルなサインだったと言う事だと思います。
それだけの信頼を持って選手を送り出していたんだから、山本監督を始めとする首脳陣を責めるのも間違ってると思います。

投球フォームが大きかったりクイックが遅かったりしたら行ってたんでしょうけど、結果として井端は「無理だ」と判断して行かなかった。
その判断が出来るからこそ、井端にそのサインを出した訳です。
ただ唯一の誤算は一塁走者の内川がスタートした後に井端のことを見ていなかった事。
本来、あの場面で1塁走者の内川は井端が行ってから連動してスタートすれば良い。
ちょっとくらい遅れたって、送球が2塁に行くことは無い訳ですからね。

井端の偽走に内川までがまんまと引っ掛かっちゃった、と言う事になるわけですね。
これはね、間違いなく内川のミスです。あの場面でのミスがあるとしたら内川だけです。

ただ、だからと言って、私自身は内川を責める気は全くありません。

世界一を決めるための大会での終盤でのプレー。
究極に緊張する場面での一瞬のミスですから、人間なら誰でも起こりうると思うんです。

同じ様な場面が台湾戦でもありましたよね。

IMG_2140

写真は四球を選んで出塁した直後ですけど、あの時も「行けたら行って良い」という盗塁のサインが出ていたそうです。
結果的に鳥谷が素晴らしい盗塁をして、その後にあの井端の同点タイムリーが出たから賞賛されてますけど、あれがアウトだったら、間違いなく首脳陣は大批判にさらされてますよね。
それを覚悟の上で、選手判断のサインを出した。勇気あるサインだと思いますよ。
「あの盗塁で味をしめたからかまた同じサインを出した」なんて書いてるネットメディアがあったけど、選手を信頼してるからこそ同じサインを出せた、と言う事じゃないかな。

願わくば。
あの内川のミスの後、阿部がヒットを打ってチャンスを再度作っていてくれたらな、そう思いました。
内川のミスを阿部のバットでカバーしてくれればとね。
阿部も落胆してたでしょうから、そこまでの当たりが打てなかったんだろうとは思いますけどね。


それよりもね。
6回裏の二死3塁の場面。
打席の阿部が外角のショートバウンドを空振り三振した後、一歩たりとも一塁の方に走ろうとしなかった。
阿部の足ですからね。例え走ったとしても99.9%アウトでしょうけど、でも0%じゃないよね。
0.1%でもセーフになる可能性があるなら、その可能性のために努力をして欲しかった。
あの場面を見ていた野球少年が「だって阿部だって走らないじゃん」って言われたら。。。

トッププロ選手って言うのは子供達のお手本になってくれなきゃいかんでしょ。
プロじゃなきゃ出来ないプレーってあるけど、子供でも出来る事をプロがしないって言うのは無いよね。
野球だからボールの一転がりで結果はどう変わるか分からないけど、出来る事をしなかったら結果は目に見えてる、そう思います。

侍ジャパンとしては残念な結果でしたが、良いプレー悪いプレーが入り交じり、すごく勉強になる試合でしたね。
間違いなくプエルトリコは強かったし良い野球をやってました。素晴らしいチームだったと思います。
内川がアウトになった際のモリーナのランナーの追い込み方なんて、あれだけでビール2杯くらい飲めそうです。

あとね。
「メジャー選手が居なかったから」なんて言葉は絶対に言って欲しくないね。
断った選手の事なんて言い出したって意味ないじゃん。
怪我も何も無いのに、次シーズンを優先して日本代表入りを拒んだ選手達ですから。
個人的にはしばらく日本人メジャーリーガーは応援する気持ちになれないですね。

今回選ばれた選手達は頑張って素晴らしい試合を見せてくれましたよ。
さっき阿部のことを悪く書きましたが、4番としてキャプテンとしてキャッチャーとして頑張ってくれました。
それはすごくファンとして感謝してます。
もちろんプロ野球シーズンが始まったらまた大ッキライに戻りますけどね。

それよりも。
今回の試合でキャッチャーのモリーナのファンになりましたよ。
キャッチングも超上手いし。カージナルズなんですってね。応援しちゃうかも。(^^♪
posted by かに at 17:36| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする