2013年02月09日

魔法の治療器

チーム関係者によると、坂本の右膝の骨周辺の筋肉が炎症を起こし、通常なら全治1か月。15日から始まる侍ジャパン宮崎合宿はもちろん、3月のWBC本戦にも影響しかねない症状だったという。それが、わずか“全治2日”。驚異の回復を見せた裏には、坂本が「まるで魔法のようでした」と興奮気味に振り返る治療器があった。
 7日夜、坂本はチームトレーナーとともに、2軍宿舎へ。ホテル内の一室に設置された微弱電流治療器「アキュスコープ&マイオパルス」と呼ばれる器具で治療を施した。7日の練習中は少し右足を引きずるような様子を見せていたが、約1時間の治療後には、いつも通りの歩行が可能に。別メニュー調整となったこの日は、キャッチボールに内野ノック、ティー打撃を難なくこなした。
 負担の大きい横の動きや、とっさの動きについても「練習前に、原監督から『無理をしないでいい』と言われましたが、全然、問題なかった。(11日の紅白戦は)よっぽどのことがない限り、大丈夫だと思いますよ」と笑顔を見せた。
 この日の夜も、この器具を使って治療を施し、全体練習復帰に備えた。原監督は「9日からはメニューに入れそうですね。逆に今日も『バッティングをやりたい』と言ったけど、こっちでストップかけて様子を見た。『明日、いいんだったら、やりなさい』ということだね」と表情を崩した。9日には侍ジャパンの山本監督も視察に訪れる。世界3連覇への柱となるべき若きリーダーが、浩二監督にも「異常なし」をアピールする。


上記は巨人坂本の怪我の様子を伝えるスポーツ報知の記事。
どうやらすごい機械があるらしい。
野球チームに関わる人間として知っておいて損はないだろう。
って言うか、もっと早く知りたかったよなぁ。
まーぼの高校時代に知ってたらもうちょっと違っただろうに。まぁ今更言ってもしょうがないけど。

気になったので、近所にあるか調べてみた。
すぐ近くにはないけど、どうやら導入している整骨院はずいぶんとあるらしい。
どこの整骨院でも治療の売りにしてるみたいで、治療実例が色々載ってる。
見たらスポーツ選手の親なら絶対知っておいて損はないだろうって思っちゃうね。

一応一つだけリンクしておきます。近所の整骨院じゃないんだけどね。
気になるようなら近隣の住所で検索してみては?
posted by かに at 17:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする