2012年10月03日

ついに一場が・・

北海道日本ハムファイターズが見事に優勝を果たしました。
拳士ファンの我が家としても大喜びでスポーツニュースをハシゴしまくってます。\(^O^)/
すぽるとでも一瞬写って「若き北の韋駄天」って紹介されてましたね。
優勝直後に拳士におめでとうメールを送ったんですよ。
今日はバタバタするだろうから明日にでも見てくれたらと思ってたら、すぐに返事が来ました。
祝賀会に行く前の時間にメールをくれたみたい。律儀な子です。(^^♪

さて。
そんな華々しい舞台の一方で、今年も戦力外通告に関する情報がたくさん流れてきています。
我がベイスターズはまだですが、阪神で8選手、巨人で10選手、ヤクルトでは7人の選手に来季の契約を結ばない通告がなされた。

そのヤクルトから戦力外通告を受けた7選手の中にはあの一場靖弘投手もいました。
一場投手と言えば、裏金問題でプロ野球界に激震を与えた張本人。
もちろん裏金自体はそれまでにも暗黙の了解的に存在していたものだから、一場だけが悪いって訳じゃない。
ある意味、彼も被害者と言えるかも知れないけどね。
結局持っている才能をフルに生かしたと言える程の活躍は出来ないままだった。
楽天からヤクルトに移ったものの3年間でたった1勝だもんね。

彼に限らず、プロ野球界にはものすごい才能を持った選手ってたくさんいるんだよね。
でもその才能を開花出来るかは、周りの環境、そして何より本人の努力、心なんだと思う。
今日、優勝した日本ハムの吉川選手なんて去年は0勝5敗。それが今年は14勝だもんね。
ダルビッシュの穴を見事にまで埋めて見せた。
もし一場が吉川並みの活躍をしていたら、もちろん解雇はないしヤクルトの優勝だって見えていたかも知れない。

裏金事件はその後の改革に繋がった訳だから、彼の存在は日本プロ野球史に残る大きな存在ではあるけど、それだけに選手としてもその騒動を覆すような活躍をして欲しかったな。
一プロ野球ファンとして残念ですね。



posted by かに at 00:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする