2012年09月18日

完封!

先日、ブロック大会を何とか通過し、支部大会まで進出した我がチーム。

その支部大会がようやく始まりました。
我がチームの初戦の相手は他ブロックで優勝しているチーム。
いきなりしんどい相手と当たってしまいました。

この日も先発は救世主的存在となったM君。
エースの調子が復調してきたから、今回こそエースの先発なのかと思ったんだけど監督も色々考えたんでしょう。
相手投手も予想に反して右投手。左の良い投手がいると聞いていたんですけどね。

両チーム、予想に反する投手が登板となったんだけど、なんとこの両投手が揃って好投。
二人ともスピードはそれほどないけど、コントロールがいいんでしょうね。
打てども打てども打球は野手の正面へ。
たまにいないところに飛んでも、野手がきっちり捌いてアウトを取っていく。
4回までお互い一歩も譲らず0行進で進みました。

試合が動いたのは5回。
ヒットと送りバントでランナー2塁という場面で9番バッターの打球がライト前へ。
上手く捌いていればホームもクロスプレーになるかもって当たりでしたが、なんとここでライトがまさかの後逸。
2塁ランナーはもちろんホームイン。バッターランナーも3塁まで到達しました。
さらにこのあと、代打で出たH君の打球がサードベースに当たるラッキーヒット。
もう一人生還して2点を奪いました。

相手の力を考えれば、全然セーフティーリードではない。
ブルペンでは最近勢いが良い一年生投手のS君がスタンバイ。
いつでもマウンドに上がれる状態だったけど、監督の決断は続投。
そしてM君はなんとそのまま6回、7回をピシャリと抑えて完封勝利。
最後の打者はファーストライナーでした。
M君は疲れを見せながらも終始低めにボールをコントロールしてました。
だからこそ長打を食らうことなく最後まで投げきる事が出来たんじゃないかな。

中学野球ともなると、球速120 kmは当たり前。
この時期に130km近いボールを投げる投手もいるけれど、やっぱり秋のこの時期は球速よりもコントロールだね。
投手としての経験は少ないM君だけど、今回の完封勝利は大きな自信になったんじゃないかな。
なんたってブロック1位のチーム相手ですからね。
あとは打線の方だね。
2点は取ったけど、まだもうちょっと取れるチャンスがあった。
2点差が3点4点差になれば、もっと余裕を持って試合することが出来るもんね。
欲を言えばキリがないよね。この支部大会に出られるかどうかも分からない状態だったんだから。
そういえば、他ブロックだけど毎年当たり前の様に支部大会へ進出していた全国大会常連チームがブロック敗退をした。
代表権を賭けた最後の試合で大逆転負けをしてしまったようだ。

野球だもの。絶対があるわけじゃないしね。
そんなことを痛感させられてるこの秋の大会。
1個勝ったからって油断することなく、次も勝利してもらいたいもんです。
posted by かに at 16:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする