2012年06月22日

帰ってきたのワクワクするチーム

プロ野球の交流戦が終わり、今日から通常の対戦が復活します。

この交流戦、観客動員数の増加率は去年と比べ我がベイスターズが12球団トップだったとか。

成績は9勝14敗1分けの10位。
他球団のファンからすれば、相変わらず弱いままじゃん、って感じなんでしょうが、実際ファンからするとちょっと違うんです。

横浜ベイスターズは大洋ホエールズの頃から決して強いチームじゃなかった。
でも弱い中にワクワクする何かを見せてくれるチームでした。

ここ数年、そのワクワク感が影を潜め、ただ単に弱いだけのチームに成り下がっていました。

それが横浜DeNAベイスターズになり、中畑清を監督に迎えた事で変わりました。
もちろん監督だけでなく選手も変わりました。

この交流戦で私は西武との試合を見ました。
その時の日記でも書きましたが、素晴らしい席でベイスターズのベンチ内の様子がよく見えました。
一つ一つの場面でグラウンドの選手に声を掛ける森本稀哲選手。
スタンドと同じ様にチームメイトの好プレーに盛り上がる控え選手達がいました。

こういう姿を見せられて、ファンが盛り上がらない訳がない。

メチャクチャ明るい中畑監督。逆に怖さ溢れるデニー投手コーチ。そして持ち味をアピールする選手達。

相変わらずチームは弱く、最下位脱出の道は遠いけど、そんな事度外視の期待感があるんです。

試合に勝つ事が一番のファンサービス。確かにその通りだと思います。
だけど、どんなチームだって無敗はあり得ない。負けてしまっても何かを感じる事が出来るか。

今日は負けたけど明日は勝てるかも。
今週は負けたけど来週は勝てるかも。
今年は負けたけど来年は勝てるかも。

そんな期待感があるんです。ワクワク感があるんです。

そんな期待感、ワクワク感が観客増に繋がってるんじゃないかな。
これが結果に繋がれば言う事無しなんだけどね。

さぁ、今日からの試合。
気持ちも新たに応援するぞ!
posted by かに at 18:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする