2012年05月09日

阿部捕手の愚行

今日発行の日刊スポーツにこんな記事が出た。
巨人OBでもあり、コーチもやっていた篠塚和典氏のコラムである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
巨人阿部にとっては後悔することになったかもしれない。9回表2死二塁。
捕っていれば試合終了だった捕飛を落球した。まさかのプレーだが、
後悔しただろうことは、その3時間前の行為だ。

試合開始直前のシートノックで、勝呂守備走塁コーチが、最後に打ち上げる
捕飛を数回ミスした。ベンチに引き揚げかけた皆を押し留めるように
「もう1回打ってください」と要求。勝呂コーチは、今度は完璧な捕飛を打ったが、
阿部は笑いを取ろうと思ったのか、打球も見ずにベンチに向かって歩いていた。

確かに、なかなか捕飛を上げられなかった勝呂コーチも悪いが、阿部の行為は
コーチに対して取るものではない。この日、初めて見た宇都宮のファンからも、
いい印象には映らなかったはずだ。また、結果的に捕飛を捕れなかったことで
勝利を逃したとあっては、頭に残ってしまう。

DeNAにしてみれば、そんなプレーで追いつき、翌日に勢いも繋げられる勝ちに
等しい試合だが、9回、リードしていない走者に牽制するなど、約7分間を
引き延ばして3時間半ルールの引き分けに持ち込んだのは、少し引っかかった。
ファンは10回のDeNAの攻撃を見たかったはずだ。
(日刊スポーツ評論家・篠塚和典)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この篠塚氏のコラムが事実なら、敗戦の責を負うべきは阿部捕手ではないかと感じました。
もちろん私はベイスターズファンですから、落球の瞬間は(ラジオで聞いてました)ラッキーと思いましたが、その前段としてこんな事があったなんて驚きました。

原監督は落球した阿部捕手ではなく、8回に打たれた福田投手を責めた。
確かに4点差と3点差では、印象は大きく違うし、きっかけのひとつであるとは思う。
しかし試合前の大事な練習であの様なことをした阿部捕手が許されるはずがない。
エラーは誰でもしてしまうし、それ自体は責められない。
しかし試合前の時点でその様な慢心とも取れる行為をしているとしたら、それは責められて然るべしである。
最下位ベイスターズが相手だからこんな行為を行ったのか。
だとしたらベイスターズファンとして腹立たしいことこの上ない。

誰もが認める強大な戦力を持つ巨人が現在の順位になってしまっている原因の一つには、キャプテンである阿部捕手のこうした行為がチームメイトの誰に批判されることなく受け入れられている状況にある様な気がする。
こうした空気は以前のベイスターズに深く蔓延していたダメな°気だと思う。
(今は中畑監督になり改善されていると信じたい)

阿部捕手はもしノッカーが勝呂コーチではなく、長嶋さんだったら同じ事をしただろうか?
原監督だったら同じ事をしただろうか?
おそらくはしなかっただろう。
キャプテン自らがこういう事をしていてはチームの士気が上がる訳が無いと思う。

私はアンチ巨人ですから、こういう事が原因で巨人が敗れようが低迷しようがどうってことありませんが、一プロ野球ファンとして情けなく感じました。

もし同じ様な行為を少年野球、中学野球の選手がやったらどうでしょうか。
私も相当数の試合を見ていますが、一度としてそんなコトをする選手を見たことがありません。
こんなコトをしたら試合開始早々に交代させられても文句は言えないでしょう。

でも中には圧倒的なポテンシャルを持った選手を特別視し、他の選手とは違う扱いをしてしまう少年野球チーム、中学生チームがあります。
中には気分良く試合で活躍して欲しいからか、明らかな特別扱いをしてしまう指導者もいます。
しかしそれはチームにとってもその選手にとってもイイコトなんて一つもない。
そういうチームは結局、総合力を求められる場面で力を発揮しきれずに敗れていってしまう。

試合前の練習やノックを楽しみにしていた宇都宮の野球少年も見ていたかも知れない。
そんな中での阿部捕手の行動は子供の模範となる、目標となるプロ野球選手の行いとは言えない。

もちろんそのことも含めて阿部捕手は反省しているに違いない。
阿部捕手はプロ野球界全体を見渡してもトップクラスの超一流選手です。
だからこそ、こんな情けない行動をして欲しくない。猛省して欲しい。
ただまぁ、ベイスターズファンとしてはこれをきっかけに大活躍して欲しくはありませんけどね。
posted by かに at 17:38| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする