2012年03月21日

選手宣誓

 東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて、心の整理がつかず、今も当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみにくれている方がたくさんいます。

人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。

 しかし、日本がひとつになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。

 我々、高校球児ができること、それは、全力で戦いぬき、最後まであきらめないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。

 平成24年3月21日

 選手代表 宮城県石巻工業高等学校 野球部主将 阿部翔人



自らも被災した選手達全員で考え抜いた言葉だからやっぱり心に響くね。
これに比べたら政治家の言葉がいかに軽く感じる事か。

実際に接した選手達はひたむきで真摯で実直でちょっと人見知りな子達でした。
相手は強豪だけど粘って食らいついて勝利を掴んで欲しいです。

がんばれ石巻工業高校!
posted by かに at 12:41| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする